日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
大塚ホールディングス(大塚製薬)株式会社(2018年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
大塚ホールディングスの2017年12月期決算の総括と戦略計画

 大塚ホールディングスの2017年12月期の連結決算は、売上高1兆2,400億円(前年同期比3.7%増)、営業利益は1,041億円(同3.0%増)と増収増益であった。医療関連事業では抗精神病薬持続性注射剤「エビリファイ」が、後発薬発売の影響を受けて売上減少。しかし、「エビリファイ持続性水懸筋注用」や「イーケプラ」、「ニュープロパッチ」といった薬剤が処方数を大幅に伸ばし、売上が増加している。また研究開発活動では、多くの開発パイプラインが計画どおりに進行している。NC関連事業では「ポカリスエット ゼリー」や「ソイジョイ クリスピー」といった新製品を市場に投入し、国内業績の伸長に寄与。また「ポカリスエット」「オロナミンC」などの海外販売国が増加し、グローバル展開を推し進めた。特に、フランスの有機食品メーカー BC BIO社を買収するなど、栄養・健康食品におけるグルテンフリー製品、ミートフリー製品、シュガーフリー製品の分野を強化した。中期経営計画の最終年となる2018年度は、医療関連事業では新製品群の早期価値最大化の推進と2019年以降の成長を牽引する事業基盤の確立を、 NC関連事業ではグローバル展開の加速ならびに営業利益率10%以上を継続できる事業構造の維持と事業規模の拡大を目指す。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

11年連続成長で売上高160億円増 フジッコの「粘り強さ」
11年連続成長で売上高160億円増 フジッコの「粘り強さ」

「ふじっ子煮」「おばんざい小鉢」「カスピ海ヨーグルト」――創業60周年を迎えるフジッコの看板商品だ。同社は過去11年間増収を続け、売上高は160億円増加した。紆余曲折の中、同社が着実な成長を遂げてこられたのにはワケがある。コロナ禍で苦戦する多くの中堅企業にとって、このフジッコの事例からは学べることも多いはずだ。

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.