半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

「消費社会白書2023」発表会
ネクスト戦略ワークショップ

感情社会の生活イノベーション
―マーケティングが歴史をつくる

経済優先、欲望消費、中流社会という「戦後の基本枠組み」の崩壊と破壊。

明治維新、戦後改革につづく、青写真なき現代。

先はみえませんが暮らしはつづき、生活イノベーションが進んでいます。

どのように時代を読んで、反転攻勢のターンオーバーマーケティングをしかけ、

生きがいのある時代をつくるか。

――――時代をつくるマーケティングとは。


NEW 2022.11.01 反響多数!申込特典冊子「創造立国の時代ーZ世代攻略の鍵」プレゼント期間を延長しました
NEW 2022.10.12 「消費社会白書2023」概要を公開しました
NEW 2022.10.11 プログラムと「消費社会白書2023」10のポイントを公開しました


10のポイントで読む「消費社会白書2023」

 ワークショップの開催に先立ち、当社代表取締役社長 松田久一が「消費社会白書2023」のポイントを紹介しています。


    【POINT】
  • 1. 分断社会への展望と収入階層化
  • 2. 20年世代交代と感情保守
  • 3. 値上げ下のデフレマインド
  • 4. 都市ミドルとシニアがリードする消費
  • 5. マウンティング消費
  • 6. 加工内食の浸透と効率化
  • 7. 家事のイノベーション
  • 8. インナーレジャー
  • 9. 感情で選ぶブランド
  • 10. ロープライスチャネルと創造価値チャネル

 各ポイントの詳細については下記の論文をご覧ください。


1.分断社会への展望と収入階層化

 日本の将来について悲観的な予想が拡散しています。
 そのなかでも、日本が「分断社会」に進んでいるという認識が高くなっています。その背景には、産業や企業によって異なる収益性格差がコロナ禍により拍車がかかり、個人収入に反映され、格差が拡大していることがあります。これは、成長経済の中流社会に慣れ親しんできた中高年には...(続きは論文をご覧ください)

>>論文を読む

プログラム

内容
Session1
10:00~10:30

基調講演

  • 落ちぶれて、衰退していく「日本」?
  • 平和、中流、消費の「戦後枠組み」の崩壊と破壊
  • 20年世代交代でみると、日本は「危機から高揚」の時代へ
  • 時代をつくるマーケティングの六策
代表取締役社長 松田久一

Session2
10:30~11:10

消費社会白書2023 感情社会の生活イノベーション

  • 進む階層化、拡がる保守の空気
  • 値上げ下のデフレマインド
  • マウンティング消費
  • 期待高まる食生活と加工内食の浸透
  • 家事のイノベーション
  • ロープライスチャネルと創造価値チャネル
消費研究チーム

Session3
11:10~11:30

エモーショナルブランディング

  • ブランドは感情のかたまり
  • 現在のブランド課題は好意態度の形成
  • 店頭の情報発信力の凄さーPOPの効果
  • 購入までの心理的な態度プロセス
  • 代理指標、重複メッセージ、店頭アプローチ
ブランド研究チーム

Session4
11:30~11:50

参考事例:リブートマーケティング

  • 取り上げる事例企業は選別中です
取締役 大澤

FAQ
11:50~12:00

質疑応答

※10月20日時点。プログラムは予告なく変更する場合がございます。


開催要項

日時:2022年11月10日(木)10:00~12:00

場所:オンライン

参加費: 無料会員20,000円/有料会員15,000円(税込み。「消費社会白書2023」PDFまたは冊子代金含む※)

※「消費社会白書2023」は開催終了後に進呈いたします。お申込み時にご希望の媒体(PDF/冊子)をお選びください。


反響多数に付き受付期間延長!お申込特典冊子のご案内

ワークショップにお申し込みをいただくと、松田久一が世代論について新たに書き下ろした論文二編とデータ集を含む特典冊子「創造立国の時代―Z世代と循環史観」をプレゼントいたします。特典はワークショップ終了後、PDFにてご送付予定です。

創造立国の時代―Z世代と循環史観

日本経済の上り坂、下り坂。なによりも怖いのは「まさか(坂)」です。 「創造立国」の時代を来る可能性を、20年世代区分の世代循環史観で世代 論の専門家が読み解きます。


構成
  1. Z世代攻略の鍵は時代にあり
  2. 世代論の実用的活用法
  3. 明治維新からみた2030年の未来ー世代循環史観
  4. Z世代を見る8視点

特典冊子から、松田久一が特別に書き下ろした論文「Z世代攻略の鍵は時代の攻勢にあり」を特別公開中です。


1.創造立国の時代

創造立国の時代―Z世代と循環史観

 「創造立国の時代」と時代規定してみてはどうだろう。
 創造立国とは、先進国の豊かさと社会の成熟を踏まえ、人と人の繋がりが生まれる社会だ。情報ネットワークや場が多元的に共有され、暮らしを豊かにする価値が加速度的に倍増していく時代である。 
 おいしい食パンの開発が、新しいトースターを生み、さらに新しいパン中心の朝食メニューが生まれ、ネットで拡散し、生活知識資産として誰もがアクセスできる情報インフラが生まれる社会である。
 日々の生活のイノベーションにより、政治対立が暗くても暮らしが豊かに楽しく進化していく。暮らしが変われば政治が変わる時代と展望しておく。(続きは論文をご覧ください)

>>論文を読む


お申込み

お申し込み受付は終了いたしました

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.04.17

24年3月の「景気の先行き判断」は5ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.04.16

24年2月の「家計収入」は17ヶ月連続のマイナス

2024.04.16

24年2月の「消費支出」は12ヶ月連続のマイナス

2024.04.15

企業活動分析 明治HD 23年3月期決算は原材料やエネルギーコスト上昇を背景に増収減益

2024.04.15

マーケティング用語集 ディマンドプルインフレ・コストプッシュインフレ

週間アクセスランキング

1位 2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2013.03.22

MNEXT ビックカメラによるコジマの買収はメーカーを巻き込んだ衰退業界再編の始まり

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area