半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.09)
月例消費レポート 2017年9月号
消費回復の動きは一旦足踏み-秋からの本格回復に期待
主任研究員 菅野 守

本コンテンツの図表は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 JMR消費INDEXを構成する個々の変数の動きをみると、2017年7月現在、支出水準関連指標では、消費支出は3ヶ月連続で改善しているが、平均消費性向と預貯金では消費の悪化を示唆する動きがみられる。販売関連指標では、現時点で判明している9項目中、改善が4項目、悪化が5項目となり、悪化の側が優勢な状況に転じている。支出水準関連指標と販売関連指標の双方で、消費回復の動きは足踏み状態となっている(図表2)。

 公表された2017年7月以降の各種経済指標から、消費を取り巻く状況を整理すると、消費支出は、名目と実質ともに3ヶ月連続でプラスが続いている。だが、10大費目別にみると、名目と実質の双方で、前月までのプラスの費目数の方が優勢だった状況から、今月はマイナスの費目数の方が優勢化しつつある。消費改善の裾野の広がりにも、一旦ブレーキがかかった格好だ(図表5図表6)。販売現場での動きとして、商業販売や外食などの日常生活財では、一部の業態を除き、概ねプラスを保っている(図表11図表15)。耐久財のうち、新車販売では、乗用車(普通+小型)と軽乗用車の双方とも再びプラスへと戻っている。だが、新設住宅着工戸数と家電製品では、今月に入りマイナスへの落ち込みが目立っている(図表12図表13図表14)。日常生活財は堅調な推移をみせているものの、耐久財はカテゴリー間で好不調が分かれている。雇用環境は息の長い盤石ぶりをみせており、有効求人倍率は着実に上昇を続け、完全失業率も2011年1月以降での過去最小値を保ち続けている(図表8)。収入環境については、所定内給与はプラスを保ち、超過給与額も再びプラスに戻してはいるが、現金給与総額はわずかにマイナスに落ち込んでおり、改善の勢いは鈍いままだ(図表9)。消費マインドでは、景気ウォッチャーと消費者態度指数ともに、7月はわずかながら上昇しているが、改善への動きは依然冴えない(図表10)。

  各種経済指標のうち、経済全般の状況に着目すると、輸出は改善の動きを続けている(図表16)。生産は、7月はわずかに低下しているが、改善傾向は保たれている(図表18)。マーケットの動向をみると、2017年8月上旬から8月下旬にかけて、為替は若干の上下動を伴いつつ横ばい傾向にあったのに対し、株価は低下の動きが続いてきた。その後は8月末にかけて、株価と為替はともに、方向感が定まらないままだ。他方、長期金利は、8月に入り低下の動きが続き、8月末にはゼロ近傍にまで落ちこみを見せている(図表21図表22)。

 消費回復の動きは一旦足踏み状態となっており、改善の勢いも足許ではやや鈍化気味だ。各種経済指標では、好悪両材料が交錯している。雇用環境の盤石ぶりは、相変わらず際立っている。他方、今夏の商戦や余暇・レジャー動向をみると、夏場の異常気象により、一部業界では売上は大きく前年割れしている。マーケットの動向からは、景気や消費の先行きに対し、マーケット関係者の弱気なスタンスが垣間見えてくる。ただ、足許での景気や消費への悪影響は、今夏限りの一過性のものに止まると見込まれる。この先、景気や消費が一本調子で悪化し底割れする気配は、今のところうかがわれない。秋以降は、消費の本格回復への展望が開けてくるのを期待したいが、そのためには、消費復調への弾みとなる新たな「ひと押し」が必要となろう。


【図表を含めた完全版を読む】(有料会員向け)


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

日本一のアート密集エリア「上野」へ!美術館や博物館が一か所にギュッと集まっている街なんて、世界中のどこにもないぞ!
日本一のアート密集エリア「上野」へ!美術館や博物館が一か所にギュッと集まっている街なんて、世界中のどこにもないぞ!

上野駅公園口を出ると、目の前はアカデミックな世界。「上野の山」と呼ばれるアートなエリアです。1876年に「上野恩賜公園」が開園して以降、この街は文化芸術の中心地として発展してきました。今回は、芸術の街としての顔と、アメ横など下町としての顔を併せ持つ上野の魅力をお伝えします。

高まる災害リスク、日常食で災害への備え
高まる災害リスク、日常食で災害への備え

地震や豪雨など、相次ぐ自然災害で、自治体や家庭での非常食の備蓄需要は年々増加している。メーカーも保存技術の向上や品揃えの強化などの対応を進めている。災害へのリスク意識が高まる中、今回は、家庭での非常食の備蓄状況について調査した。

王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸
王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸

2020年の炭酸飲料の生産者販売金額は前年割れとなった。今回のランキングでは、再購入意向を除く6項目で「コカ・コーラ」が首位、2位以下もロングセラーの有糖炭酸が目立つ結果となった。しかし再購入意向では上位10位内のうち7ブランドが無糖炭酸水だ。在宅勤務中のリフレッシュなどの「巣ごもり需要」が支えているとみられ、今後の伸びが期待される分野である。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.