半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.09)
月例消費レポート 2017年9月号
消費回復の動きは一旦足踏み-秋からの本格回復に期待
主任研究員 菅野 守

本コンテンツの図表は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 JMR消費INDEXを構成する個々の変数の動きをみると、2017年7月現在、支出水準関連指標では、消費支出は3ヶ月連続で改善しているが、平均消費性向と預貯金では消費の悪化を示唆する動きがみられる。販売関連指標では、現時点で判明している9項目中、改善が4項目、悪化が5項目となり、悪化の側が優勢な状況に転じている。支出水準関連指標と販売関連指標の双方で、消費回復の動きは足踏み状態となっている(図表2)。

 公表された2017年7月以降の各種経済指標から、消費を取り巻く状況を整理すると、消費支出は、名目と実質ともに3ヶ月連続でプラスが続いている。だが、10大費目別にみると、名目と実質の双方で、前月までのプラスの費目数の方が優勢だった状況から、今月はマイナスの費目数の方が優勢化しつつある。消費改善の裾野の広がりにも、一旦ブレーキがかかった格好だ(図表5図表6)。販売現場での動きとして、商業販売や外食などの日常生活財では、一部の業態を除き、概ねプラスを保っている(図表11図表15)。耐久財のうち、新車販売では、乗用車(普通+小型)と軽乗用車の双方とも再びプラスへと戻っている。だが、新設住宅着工戸数と家電製品では、今月に入りマイナスへの落ち込みが目立っている(図表12図表13図表14)。日常生活財は堅調な推移をみせているものの、耐久財はカテゴリー間で好不調が分かれている。雇用環境は息の長い盤石ぶりをみせており、有効求人倍率は着実に上昇を続け、完全失業率も2011年1月以降での過去最小値を保ち続けている(図表8)。収入環境については、所定内給与はプラスを保ち、超過給与額も再びプラスに戻してはいるが、現金給与総額はわずかにマイナスに落ち込んでおり、改善の勢いは鈍いままだ(図表9)。消費マインドでは、景気ウォッチャーと消費者態度指数ともに、7月はわずかながら上昇しているが、改善への動きは依然冴えない(図表10)。

  各種経済指標のうち、経済全般の状況に着目すると、輸出は改善の動きを続けている(図表16)。生産は、7月はわずかに低下しているが、改善傾向は保たれている(図表18)。マーケットの動向をみると、2017年8月上旬から8月下旬にかけて、為替は若干の上下動を伴いつつ横ばい傾向にあったのに対し、株価は低下の動きが続いてきた。その後は8月末にかけて、株価と為替はともに、方向感が定まらないままだ。他方、長期金利は、8月に入り低下の動きが続き、8月末にはゼロ近傍にまで落ちこみを見せている(図表21図表22)。

 消費回復の動きは一旦足踏み状態となっており、改善の勢いも足許ではやや鈍化気味だ。各種経済指標では、好悪両材料が交錯している。雇用環境の盤石ぶりは、相変わらず際立っている。他方、今夏の商戦や余暇・レジャー動向をみると、夏場の異常気象により、一部業界では売上は大きく前年割れしている。マーケットの動向からは、景気や消費の先行きに対し、マーケット関係者の弱気なスタンスが垣間見えてくる。ただ、足許での景気や消費への悪影響は、今夏限りの一過性のものに止まると見込まれる。この先、景気や消費が一本調子で悪化し底割れする気配は、今のところうかがわれない。秋以降は、消費の本格回復への展望が開けてくるのを期待したいが、そのためには、消費復調への弾みとなる新たな「ひと押し」が必要となろう。


【図表を含めた完全版を読む】(有料会員向け)


参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area