日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.08)
月例消費レポート 2017年8月号
消費は回復傾向―マインド復調が本格回復の鍵
主任研究員 菅野 守



本コンテンツの図表は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 JMR消費INDEXは、2016年7月辺りを底に、緩やかながらも上昇を続けている(図表1)。INDEXを構成する個々の変数の動きをみると、2017年6月現在、支出水準関連指標では、消費支出と平均消費性向の2項目で、前月5月に引き続き改善が続いている。販売関連指標では、現時点で判明している9項目中、改善が6項目、悪化が3項目となり改善の側が優勢な状態にある。支出水準関連指標と販売関連指標の双方で、消費回復の動きが進んでいる(図表2)。

 公表された2017年6月以降の各種経済指標から、消費を取り巻く状況を整理すると、消費支出は、名目と実質の双方で再びプラスに転じ、10大費目別で改善の裾野も広がるなど、回復の進展が確認できる(図表5図表6)。販売現場での動きとして、商業販売や外食などの日常生活財では、改善の動きが進んでいる(図表11図表15)。耐久財のうち、家電製品では白物と黒物の双方で改善の動きがみられ、新設住宅着工戸数と新車販売では、個別の分野間で好不調が分かれるものの、総じてプラスを保っている(図表12図表13図表14)。雇用環境は相変わらずの盤石ぶりをみせており、特に有効求人倍率はバブル期のピークを超えて更に上昇を続けている(図表8)。ただし、収入環境については、現金給与総額と超過給与はマイナスに落ち込んでおり、改善の動きは一旦、足踏み状態となっている(図表9)。消費マインドは景気ウォッチャーと消費者態度指数ともにわずかながら悪化しており、改善への足取りは相変わらずもたついたままだ(図表10)。

 各種経済指標のうち、経済全般の状況に着目すると、輸出は、個別の業種分野の違いによらず、改善の動きを続けている(図表16図表17)。生産は改善傾向を保っており、特に直近の2017年6月時点では、外需関連業種と内需関連業種の双方で改善の側が優勢となっている(図表18図表19図表20)。マーケットの動向をみると、為替は2017年7月に入り円高方向に振れ、株価は20,000円辺りを天井に概ね横ばい傾向にあり、長期金利も7月半ば頃以降ほぼ横ばいで推移している。株価と長期金利に関しては足許で、相場の方向感は定まっていないようだ(図表21図表22)。

 内外需の両面で景気回復の動きがみられる中で、盤石な雇用環境を支えに、消費も改善の裾野を広げつつ回復の動きが進展している。ただ、各種経済指標では消費の明るさを示す動きが徐々に目立ってきている中で、消費マインドは改善にもたついており、マーケットも相場の方向感が定まらないままであるのは、今後の消費にとって気がかりな材料である。政府は2017年6月の月例経済報告で、日銀は2017年7月の金融政策決定会合で、景気判断の上方修正に踏み切っているが、消費マインドの動きやマーケットの動向をみる限り、マーケット関係者だけでなく一般消費者も、景気や消費の先行きには依然として懐疑的なようだ。こうしたマインドの復調が、消費の本格回復への鍵となりそうだ。


【図表を含めた完全版を読む】(有料会員向け)


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

戦略ケース<br>新たな市場を開拓する「LG styler」のブランド戦略
戦略ケース
新たな市場を開拓する「LG styler」のブランド戦略

LGのホームクリーニング家電「LG styler」が存在感を増している。PM2.5などの大気汚染対策として韓国ではヒット商品となっており、日本市場への定着も狙う。ニッチな用途に加えて15万円前後という価格にも関わらず、月に1万台売れるのはなぜか。同社が推し進める「ブルーオーシャン戦略」、そしてユーザーとメーカーの"共創"によるものづくりから、そのヒントを探ってみた。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>利用広がるおかず用調味料―心理負荷軽減背景に
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
利用広がるおかず用調味料―心理負荷軽減背景に

「おかず用調味料」のラインナップが増えている。今回、女性を対象に調査を行ったところ、実に全体の6割以上が半年以内におかず用調味料を利用していることがわかった。利用が広がる背景には、「時短」「おいしい」のほか、他人からの評価や献立を考える負担など、心理的な影響が垣間見える。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.