半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第39号
「糖質制限」が注目される中での「主食抜き」実態



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第39号は、
  1. オリジナル調査結果 「糖質制限」が注目される中での「主食抜き」実態
  2. 業界クリップ - 2012年12月の動向
の2部構成でお届けします。

1.主食が抜かれるのは朝食と夕食(本文抜粋)
レポートイメージ

 肥満や糖尿病など生活習慣病の予防・改善により注目されている低炭水化物(糖質制限)ダイエット。今回の調査では、主食(※)に着目して3食を中心に食事への意識や実態を探った。
 1週間における朝食、昼食、夕食について、食事の実態についてみる(図表1)。平日(月~金)の5日間において、毎日食事をする率は、朝食が最も低い。週末についてみると、食事率は、土曜日も日曜日も夕食が3食の中で最も高い。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 主食を抜く食事は朝食と夕食で約1割
  2. ライフステージの早い段階で主食を抜く女性
  3. 主食の代わりに朝食は簡単なもの、夕食はアルコール度数の高いお酒
  4. 健康・美容の焦点はカロリー管理から炭水化物管理へ
* 業界クリップ2012年12月(全7頁)
  1. 消費者の動き  【進む消費の二極化】
  2. 売れている食品・メニュー 【国内アルコール市場の多様化】
  3. 東京市場  【ローソンの「ハローキティ」コラボ店が登場】
  4. 地産地消  【ご当地キャラの潜在能力】
  5. 食品企業の経営 【「タニタ食堂」のコラボ戦略】
  6. 製品開発  【チキンの販売競争激化】
  7. 価格政策  【野菜高騰と円安の影響】
  8. プロモーション 【マルコメの消費提案】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【真価が問われるコンビニ】
  10. ヘッドラインクリップ


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.