半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.09)
消費者調査 No.157 都内の人気スポット(2012年9月版)
2012年新規スポット、訪問率No1.はヒカリエ、意向率ではスカイタウン!
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年は大型の商業施設が複数開業しています。4月18日には「東急プラザ表参道原宿店」が、翌19日には「ダイバーシティ東京」、同じく26日には「渋谷ヒカリエ」が開業しています。5月22日に開業した「東京スカイツリータウン」は、オープン後5日間の累計来場者数が約113万2,000人を数えるなど、大きな話題となりました。
 今回は、当社が任意に選んだ29箇所の人気スポット(複合商業施設)について、「知っている(認知率)」「広告をみた(マスコミ接触)」「ネットで評判をみた」「行ったことがある(来街経験)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、2012年オープンの「東京スカイツリータウン」と「渋谷ヒカリエ」の健闘が目立った。
 「東京スカイツリータウン」は、3ヶ月以内のマスコミ接触、ネット口コミ接触で首位を獲得。来街経験では20位外となったものの、3ヶ月以内来街で3位、来街意向、来街者ベースの来街意向では首位となり、今が旬の人気を誇っている。
 「渋谷ヒカリエ」は、3ヶ月以内のマスコミ接触、ネット口コミ接触で2位、3ヶ月以内来街では首位を獲得した。来街者ベースの来街意向でも3位となり、ターミナル駅直結の利便性もあって、リピートが期待できそうだ。
 一方、同じ2012年オープンの「ダイバーシティ東京」は、3ヶ月以内のマスコミ接触、ネット口コミ接触では3位に入っているものの、3ヶ月以内来街で16位、来街意向で13位とやや苦戦気味である。

 2002年の「丸の内ビルディング(丸ビル)」オープンから10年、この間「六本木ヒルズ(2003年)」「新丸の内ビルディング(新丸ビル)(2007年)」「東京ミッドタウン(2007年)」など多くの話題の商業施設が開業し、もはや複合商業施設の新規オープンというだけでは集客は難しい状況となっている。スカイツリーという大きなセールスポイントを擁した「東京スカイツリータウン」や、1日200万人以上の乗降客を誇る渋谷駅直結という地の利を有する「渋谷ヒカリエ」は、大型の人気スポットとして定着していく可能性も高いだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示29スポット】
  • 丸の内ビルディング(丸の内)
  • 新丸の内ビルディング(丸の内)
  • 丸の内オアゾ(丸の内)
  • 汐留シオサイト(汐留)
  • アクアシティお台場(お台場)
  • パレットタウン(お台場)
  • デックス東京ビーチ(お台場)
  • ダイバーシティ東京(お台場)
  • 天王洲アイル(天王洲)
  • アーバンドックららぽーと豊洲(豊洲)
  • 六本木ヒルズ(六本木)
  • 東京ミッドタウン(六本木)
  • 赤坂サカス(赤坂)
  • 恵比寿ガーデンプレイス(恵比寿)
  • Bunkamura (渋谷)
  • 渋谷マークシティ(渋谷)
  • 渋谷ヒカリエ(渋谷)
  • 表参道ヒルズ(表参道)
  • 東急プラザ表参道原宿(表参道)
  • エプソン品川アクアスタジアム(品川)
  • 品川グランドコモンズ(品川)
  • 東京ドームシティ(水道橋)
  • タカシマヤタイムズスクエア(新宿)
  • 東京スカイツリータウン(墨田区)
  • 秋葉原クロスフィールド(秋葉原)
  • AKIBAカルチャーズZONE (秋葉原)
  • 有楽町イトシア(有楽町)
  • サンシャインシティ(池袋)
  • グランスタ(東京駅)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年9月14日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,031サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

2024.04.22

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

新着記事

2024.04.24

24年3月の「チェーンストア売上高」は既存店で13ヶ月連続のプラス、食料品がけん引

2024.04.24

24年3月の「コンビニエンスストア売上高」は4ヶ月連続のプラスに

2024.04.23

24年2月の「旅行業者取扱高」は19年比で78%に

2024.04.23

24年2月の「広告売上高」は、3ヶ月連続のマイナス

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

週間アクセスランキング

1位 2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area