半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2014.07)
消費者調査 No.197 炭酸飲料(2014年7月版)
コーラ飲料を軸に定番商品が上位を占める中、
新しい切り口の新商品の躍進も
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)

 炭酸飲料市場は、コーラ飲料に代表される定番商品の活性化や炭酸水、果汁入り商品、無糖炭酸など新商品の登場で拡大が続いている。

 今回は、当社が任意に選んだ27ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(をみたことがある)」「店頭(で見たことがある)」での接触状況、過去と3ヶ月以内における「買って飲んだことがある」(購入経験)、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします(※調査は2014年2月)。


 まず今回測定した7項目中、再購入意向以外の6項目で「コカ・コーラ」(日本コカ・コーラ)がトップであった。コーラ飲料は炭酸飲料市場で約4割を占める最大カテゴリーでありその中でも日本コカ・コーラは「コカ・コーラ ゼロ」(2007年)、「コカ・コーラ ゼロフリー」といった新カテゴリー創出により圧倒的な存在感を誇っている。これに次ぐのが、「三ツ矢サイダー」(アサヒ飲料)で、購入経験、今後購入意向で2位となっている。

 個別にみると、「認知」では、「コカ・コーラ」96%、「ファンタ」90%、「コカ・コーラ ゼロ」88%、「スプライト」88%と上位4位まで日本コカ・コーラ社が占めている。

 「広告・記事接触」では、「コカ・コーラ」37%、「コカ・コーラ ゼロ」23%に次いで「オランジーナ」(サントリー)21%が3位につけている。「オランジーナ」は、2012年3月発売で、認知(12位)や飲用経験(11位)はトップ10圏外だが、新しいカテゴリーである果汁入り炭酸をリードする商品として注目される。ちなみにファンタは無果汁で、果汁入りは2010年に発売されている。

 「店頭接触」では、「コカ・コーラ」77%、「三ツ矢サイダー」64%に次いで、「C.Cレモン」(サントリー)61%が3位につけている。1994年に発売された20年目のロングセラー商品で、「飲用経験」や「今後購入意向」でも「コカ・コーラ」「三ツ矢サイダー」に次ぐ3位につけている。

 「飲用経験」では、「コカ・コーラ」70%、「三ツ矢サイダー」60%、「C.Cレモン」55%%で、「3ヶ月以内の飲用経験」は、「コカ・コーラ」28%、「コカ・コーラ ゼロ」18%、「三ツ矢サイダー」16%と「コカ・コーラ」が頭ひとつ抜けていることが確認できる。

 「今後購入意向」では、「コカ・コーラ」41%、「三ツ矢サイダー」33%、「C.Cレモン」29%である。

 最後に「再購入意向」をみると、トップが「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」(キリンビバレッジ)64%、2位が「ウィルキンソン タンサン」(アサヒ飲料)61%、3位「セブンプレミアムの炭酸水」61%が続いている。4位の「オランジーナ」59%を含めて、認知や飲用経験においてはまだ浸透度は高くはないが、「ホット炭酸」や「炭酸水」といった比較的新しいカテゴリーの商品として固定的なユーザーを獲得していることがうかがえる。


 成熟市場と言われる清涼飲料市場の中で、炭酸飲料は定番ブランドの積極的な展開や新しい切り口の新商品投入によって、持続的な成長を遂げている。消費税増税は単価の低い飲料にとっては逆風ともいえるが、猛暑など夏季市場の動向はもちろん、ホット炭酸など通年化を目指す展開によって、引き続き拡大が予想される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示27ブランド】
  • コカ・コーラ
  • コカ・コーラ ゼロ
  • コカ・コーラ ゼロフリー
  • ファンタ
  • スプライト
  • ドクターペッパー
  • メローイエロー
  • カナダドライ ホットジンジャーエール
  • ペプシコーラ
  • ペプシネックス
  • ペプシツイスト
  • マウンテンデュー
  • オランジーナ
  • C.C.レモン
  • デカビタC
  • 南アルプスの天然水スパークリング
  • キリンメッツ グレープフルーツ
  • キリンレモン
  • トロピカーナ スパークリングタイム
  • キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ
  • 三ツ矢サイダー
  • ウィルキンソン タンサン
  • カルピスソーダ
  • 桃の天然水あらごしスパークリング
  • セブンプレミアム そのまま飲める炭酸水
  • トップバリュ 炭酸水
  • きほんのき 炭酸水

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2014年2月10日~12日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,032サンプル
サンプル構成(%)




新着記事

2024.03.01

現代日本の消費について何が語られたのか―目的と手段の転倒

2024.02.29

消費からみた景気指標 23年11月は10項目がプラスに

 

2024.02.29

23年12月の「広告売上高」は、3ヶ月ぶりにマイナスへ

2024.02.28

企業活動分析 キッコーマンの23年3月期は海外事業が好調で増収増益

2024.02.27

24年1月の「ファーストフード売上高」は35ヶ月連続のプラスに

2024.02.27

24年1月の「ファミリーレストラン売上高」は23ヶ月連続プラス

2024.02.26

24年1月の「全国百貨店売上高」は23ヶ月連続のプラス、インバウンドや高額商材好調で

2024.02.26

24年1月の「チェーンストア売上高」は既存店で11ヶ月連続のプラス、食料品が好調

2024.01.29

24年1月の「コンビニエンスストア売上高」は2ヶ月連続のプラスに

週間アクセスランキング

1位 2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2024.02.22

消費者調査データ No.402 RTD(2024年2月版) 「ほろよい」「氷結」「贅沢搾り」 熾烈なトップ争い

4位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area