半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2009年03月10日

営業現場の科学
第33回 プロスペクト理論の活用
営業戦略チーム

 プロスペクト理論(Prospect Theory)は、1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開された。得の領域では低い確率を高く見積もり、損の領域では高い確率を低く見積もることで、損失を利益より過大に見積もってしまうという人間の行動パターンが指摘されている。換言すると、人間は、利益よりも損失に、より抵抗感を感じるとする実証的な意思決定理論である。

 例えば、以下のような選択肢がある場合、あなたはどれを選ぶだろうか。

設問1.

  • 選択肢1.あなたは、確実に100万円を貰える
  • 選択肢2.あなたは、80%の確率で150万円を貰えるが、20%の確率で何も貰えない

設問2.

  • 選択肢3.あなたは、確実に100万円損する。
  • 選択肢4.あなたは、80%の確率で150万円損するが、20%の確率で何も損しない

  •  数学をもとに考えれば、選択肢2と選択肢3を選ぶのが正解だ。しかし、実験をしてみると、ほとんどの人が選択肢1と選択肢4を選ぶことが確認されている。

     セールストークの組み立てに、このプロスペクト理論を応用してみよう。そのセオリーは、つぎの通りである。

    • あなたがセールスする商品をお客様が購入することによって得られる利得よりも、
    • 買わないことによって生じる損失を強調して伝える

    例えば、

    • 「お買い得なんですよ」というのではなく、「買わないと損しますよ」
    • 洗剤なら、「こんなに綺麗に汚れが落ちますよ」ではなく、「こんな汚れを放っておくのは、いかがなものでしょうか」
    • 「こんなに便利なんですよ」というのではなく、「使わないと不便なままですよ」

     といった方が効果的な場合が多い。

     プロスペクト理論を応用し、普段の自分のお薦め話法がどうなっているのか、また、販促ツールのコピーなどを一度点検してみてはどうだろう。



    おすすめ新着記事

    コロナ下でも堅調な「モンスターエナジー」
    コロナ下でも堅調な「モンスターエナジー」

    2020年の清涼飲料市場はコロナ禍の影響で、全体では前年割れとみられている。一方、エナジードリンクは拡大トレンドは継続中との見方もある。今回の調査では、「リアルゴールド」「レッドブル・エナジードリンク」「モンスターエナジー」が複数の項目で上位3位を独占したが、なかでも「モンスターエナジー」の堅調ぶりが目立った。先発商品の「レッドブル」を抜いてシェアトップになるなど、存在感を増している。

    オリジナルレポート コロナ下とコロナ後の消費の展望
    オリジナルレポート コロナ下とコロナ後の消費の展望

    独自の消費者調査から、「食」、旅行・余暇・ファッションなどの「選択消費」、クルマや住宅などの「耐久財」の三つのテーマで、コロナ下での消費の変化とコロナ後の見通しについてレポートをまとめました。

    消費抑圧の反動 食品購入は高価格帯へシフト
    消費抑圧の反動 食品購入は高価格帯へシフト

    宅内食が増えて、加工食品の利用も増えている。今回は、加工食品の購入価格帯について、コロナ前後で比較して調査を行った。その結果、加工食品の購入頻度はコロナ前と比べて増えており、高価格帯へのシフトが起きていることが確認できた。背景には、品質重視や健康志向、コロナ禍で抑圧された欲求の反動がありそうだ。



    J-marketingをもっと活用するために
    無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


    マーケティング用語集

    採用情報
    J-marketingのトリセツ
    会員登録のご案内
    消費社会白書2021
    「戦略200+」比較分析ツールのご案内
    マーケティングモニターのご案内
    データでわかる辛口性格診断
    facebook
    page top

    当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

    Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.