半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2005年06月24日

営業現場の科学
第32回 バッティング率に注意
営業戦略チーム

 企業を対象にした営業活動の場合、消費財でも生産財でも得意先は複数メーカーから併売していることが多く、競合とのバッティングが生じる。ごく単純な次の数式で、このバッティング率を捉えてみよう。

  • バッティング率=バッティングが確認できる担当得意先数÷担当得意先数×100

 例えばこれを、営業所全体で担当しているエリア毎に算出することにより、以下の指標で戦況を掴むことができる。

  • バッティング率5%未満  :無風エリア(自社が優勢な拠点エリア)
  •    〃   5~10%未満:価格競争要注意エリア
  •    〃   10~25%未満:価格競争エリア
  •    〃   25%以上  :業績・収益不安定エリア(自社の課題エリア)

 自社優勢な無風エリアを数多く作ることが営業所全体の予算達成へと繋がる。現在のエリア担当者の設定は、こうした戦況を勘案したものになっているだろうか。ベテランやエース級の営業パーソンが無風エリアを、営業経験の浅い者が価格競争エリアを担当するといった逆転した配置になっていないか、営業配置の適正さに関するチェックをバッティング率の視点から行うことも大切である。

 さて、価格競争を回避できる自社の無風エリアを創造していくには、新製品の活用がひとつの鍵を握る。自社の既存製品や競合の製品との差別化を旨に投入される新製品は、提案営業を通じ、価格競争を避けながら採用される可能性が高い。単純に既存製品との差別化ポイントを案内するのではなく、価格と品質のバランスの良さ、広告宣伝を通じた最終消費者への認知度アップの支援施策の準備があること、売場づくりの提案などを通じ、得意先の取り扱いメリットをいかにアピールできるかが肝要である。特に、価格競争要注意エリアでの実践から着手する必要がある。高付加価値の新製品でいち早く無風エリアに転換すべきだ。

 また、営業教育という視点からは、価格競争要注意エリアを無風エリアへ転換するために、新製品をどのように活用して提案すればよいかを組織的に学ぶ機会とすることが考えられる。例えば、ベテラン営業パーソンが経験の浅い営業パーソンを同行させ、実践指導するなどである。こうした経験を持つ営業パーソンを多く作り出すことがテリトリーでの競争を有利にする。



おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.