半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2002年01月18日

営業現場の科学
第1回 拡売費削減下の営業活動
営業戦略チーム 舩木

 「119.2%」――この数字は、1993年と2000年を比較した主要消耗品メーカー23社の拡売費の伸び率である。この間の収益構造の変化率をみると、以下のとおりであるが、拡売費が大きく伸びているのに対し、売上は減少していることが確認できる。


図表.主要消耗品メーカー23社の収益動向


 なぜ、そうなったのか?営業マンのみなさんはこの事実がよくおわかりだと思う。自社商品の売場を確保するための提案をしても最終的には販促協力金で判断されてしまう。また、「決算協賛金」などの非合理的な支出も要請される。逆に拡売費を抑制すれば売上が下がり、販売目標達成は不可能である。しかし、この不況下、少ない拡売費のなかで高い販売目標が課されている。非常に頭の痛いところでる。

 でも、やりようはある。いくつかのヒントを提案したい。第一に、確実に店頭に自社商品が並ぶような拡売費の使い方を考えること。現状、本部商談で決定しても店頭に確実に並ぶかといったらそうでないことが非常に多い。これでは何のために金を使っているかわからない。拡売費増加分を上回る売上拡大を実現しているあるメーカーは「チラシ協賛金」に重点化している。必ず店頭に並ぶからである。

 第二に、有力店舗に重点化すること。有力小売業といえども個店の販売力格差は拡大傾向にある。良い店とダメな店がハッキリしている。お客さまに支持されている有力店舗での営業活動が必要だ。当然、本部商談はするものの、店頭に並ぶかどうかは確実ではないのだから、実際に店舗に出向いて売場づくりを要請する。そして、ここがポイントになるのだが、売場担当者に商品の陳列量を増やす、商談した商品以外の商品も陳列する、という提案をしていくのである。良い商品と訴求ポイントがあれば大抵は売れるはずである。売場担当者の信頼が得られれば、個店での商談も可能になるはずである。実際、売場に出向くと売場担当者から悩みをうち明けられ、提案を要請された営業マンもいる。

 第三は売場づくり提案の内容を変えることだ。クロスMD、関連陳列の積極提案である。小売業の悩みは客単価の減少である。デフレがすすむなかでで客単価を上げるためには、1人当たりの購入点数を増やすしかない。カテゴリーのなかでお客さまへの提案テーマを設けて関連商品を提案する、カテゴリーを超えて生活提案型の売場づくりをすることである。こうした提案は小売本部よりも個店の方が話しを聞いてくれる。その場で実験ができるし、変更などもしやすいからである。逆に本部では成功例がないと二の足を踏みやすい。

 第四は新しい売場の可能性を探ることだ。当社では「売場チャンス」と呼んでいるが、定番棚、エンド以外の売場を創造することだ。レジ前、エンドサイドといった売場が創造されてきたが、もっとチャンスはあるはずだ。そこは価格ではない展開も可能なことが多いのである。

 言いたいのは、新しい可能性は店頭の現場にあるということである。小売本部でバイヤーと拡売費をめぐる商談をするよりも、有力店舗の売場担当者の悩みを聞いたり、店頭に行くことの方が有益である。バイヤーとの商談でも店頭のリアルな話をした方が聞く耳をもつだろう。チャンスは店頭にある。

 この連載のコンセプトは「営業現場の科学」である。現場の事実にこそ新しい可能性がある。トレンドや勘、経験、根性に頼るのではない、客観的事実の分析にもとづく営業活動のヒントを提案していく。



おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.