日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2017年06月26日


スマホ・タブレットが切り開く教育業界の未来
リサーチャー 中山有希

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 教育サービス業界が転換期を迎えている。2020年に控える大学受験制度改革や、中学受験ニーズの高まりで、市場は勢いを増しつつある。企業側も、新たなサービスで消費者ニーズを取り込もうと躍起だ。学習塾などのリアルな教育の場と映像授業の組み合わせによる事業拡大や、タブレット端末による通信教育の進化も加速する。さらに、スマートフォンで授業が受けられる「スタディサプリ」(リクルート)は圧倒的な低価格で、市場にインパクトを与えている。少子化で、縮小すると思われていた市場で何が起こっているのか、考察する。


少子化のなかでも縮小していない教育業界

 少子化のなかで縮小すると思われた学習塾・予備校の市場規模は、わずかだかプラス成長している。その規模は、約9,500億円とも試算される(矢野経済研究所推計)。

 一人っ子世帯が増え、子どもひとりにかけられる教育費に余裕ができたことと、学歴が生涯年収に影響するという認識が広まったことなどから、中学受験比率は直近3年間で上向きに転じている(図表1)。


図表1.中学受験比率


 さらに、2020年に実施される大学受験制度改革も、市場の成長に影響していると考えられる。

 センター試験が廃止となり、従来の「知識力」を問う入試方法から、「思考力・判断力・表現力」などを測定するための「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に改められる予定だ。これまで、大学受験は、知識の暗記や解き方を覚えれば乗り越えられていた。しかし、制度改革によって高校2~3年生を対象に、学校の授業の達成度を測ることによる評価システムに変更される。つまり従来の入試一発勝負では受験は成功せず、普段からの学習の積み重ねが問われるようになる。


転換期の教育業界

 このような変化を背景として、教育業界は大きく転換しようとしている。

技術革新と低価格で浸透する新たな通信教育サービスは、
教育格差解消の糸口となるか?
【続きを読む】(有料会員向け)


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。

新型コロナ禍で消費はどう変わるか-シンクロ消費と欲望の姿態変容
新型コロナ禍で消費はどう変わるか-シンクロ消費と欲望の姿態変容

コロナは一定の収束傾向をみせ、経済・社会活動の再開が本格化し始めている。しかし、自粛が解除されたからといって消費は急激に戻るわけではない。解除直後は賑わった大型店も、今は閑古鳥が鳴いている。"何か"が変わってしまったのだ。本稿ではその変化を「シンクロ消費」と捉え、消費者ビジネスを展開する企業がコロナ後の消費をどう見極めればよいのか、仮説的に整理してみる。

会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.