半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:1999年01月01日

シリーズ「崖っぷちからの復活」第2回
シートゥーネットワーク
-卸売業の産業化と財務力の強化-中小卸売業の生き残り方向
戦略分析チーム 大澤

全文の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

1. 倒産の危機を乗り越え店頭公開

 98年7月22日に食品卸売業のシートゥーネットワークは店頭公開を果たした。99年3月期決算では、売上274億6,800万円(前年比23%増)、経常利益12億4,300万円(対前年比62%増)である。売上高経常利益率は4.5%であり、同じ加工食品卸売業の最大手である菱食の0.9%と比べても、シートゥーネットワークの経営効率の良さが分かる。

 シートゥーネットワークは、千代田区神田須田町に本社を置き、加工食品を中心とした卸売業と小売業および商業施設の開発運営を展開する。売上高構成比は小売業部門で51%を占める。資本金は3億5,000万円、正社員数は112人の中小企業である。

 シートゥーネットワークの前身は枡新商店である。枡新は、昭和22年に創業した築地の農産乾物や水産加工品を扱う市場卸であった。シートゥーネットワークの代表取締役である稲井田氏は創業者の2代目であり、1976年に枡新商店に入社した。そこで、経理と財務の経験を積んだ。この時期に、徹底的に財務分析から発想するシートゥーネットワークの強さが醸成された。


■シートゥーネットワークの概要
会社名シートゥーネットワーク株式会社
創業1947年
資本金3億5,275万7,100円
決算期3月31日
本社東京都千代田区神田須田町2-2-5
業種加工食品卸売業、小売業および商業施設の開発運営
取扱品目飲料、ラーメン、調味料等の加工食品、菓子、冷蔵・冷凍食品、米、酒、パン
従業員数正社員112名(平成10年9月現在)
臨時従業員240名


■シートゥーネットワークの業績
図表
図表

 創業からこの時期までに枡新はキャッシュ&キャリー(以下、C&C)の展開を開始した(1974年)。C&Cとは現金決済商品持ち帰り方式卸売りのことである。通常の卸売業はメーカーから商品を集め、小売店に配送する。C&Cはメーカーの商品を店舗(倉庫型のローコストの店舗)に集め、中小小売店がそこに買いに来て、通常の小売店と同様に現金で精算し、購入商品を自分で持ち帰るものである。現金決済による債権管理コスト、倉庫型店舗による店舗運営コスト、持ち帰りシステムによる物流コストの削減を図ったものである。

 1983年には大手CVSを脱退した25店から小分け配送と本部機能代行の依頼があり受託した。現在、394店の本部代行機能を行っている。当初50億円だった枡新商店の売上高は80億円にまで拡大した。


2. 社員の退社続出-1回目の危機

(1)新社長就任

 1985年、稲井田氏が社長に就任した。稲井田氏は、売上高100億円、経常利益率1%を達成することを宣言し、利益が出ない構造の改革を行った。問題点は大きく2つあった。ひとつは、配送センターに過剰な在庫を抱えていたことである。仕入れ担当がメーカーからの押し込みを受け入れた結果である。ふたつめは仕入れ問題である。仕入れ担当とメーカーとの人的関係により、月末納品が多く、支払いサイトが不明確な構造であった。

 過剰在庫を整理、メーカーとの関係の見直しを行うために、次の四つのことを実行した。

  1. 配送センターの廃止
  2. メーカーとの交際の禁止(接待を受けない)
  3. メーカーからの贈り物を拒否
  4. サンプルの試食をやめた

その結果、経常利益を1,000万円UPさせた。

(2)98人の一斉退社

 1986年、仕入れ部長が退社した。その理由は、一連の改革によって、メーカーとの曖昧な関係を築いていた仕入部長が会社に居づらくなったためである。仕入れ部長の退社は他に波及し、100人の社員のうち98人が退社することなった。先代からの社員にとっては、2代目のやり方に疑問を持っていたのであろう。たった3人から再スタートを余儀なくされた。


続きを読む
「シートゥーネットワークの誕生と多角化の失敗-2回目の危機」

続きを読むには有料の会員登録が必要です。


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area