半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:1999年01月01日

ソニー株式会社
-ソニー「バイオノート505」の商品開発戦略
戦略分析チーム 合田

全文の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

 97年度ソニーは売上高、営業利益ともに二桁台の伸長を果たし、過去最高の実績を上げた。

 
 97年度実績前年比
・売上高   24,064億円 110.9%
・営業利益1,013億円123.8%*単独決算
 伸長の要因は「バイオ」「スタミナハンディカム」「MD」「WEGA」のヒットだ。今年度後半は大規模な投資の反動として372億円の営業赤字が見込まれているが、これらの商品は依然好調である。中でもパソコンの「バイオ」はウィンドウズ95以降需要を押し上げる好材料のなかったパソコン市場で好業績を上げた。ここでは、発売と同時に各方面で話題になった「バイオノート505」(B5サイズのパソコン)に焦点をあて、成功の要因をみてみたい。


1.「バイオノート505」のインパクト

 ソニーの「バイオ」は初め「ミニタワー」と呼ばれるデスクトップ型として米国で先行発売された(96年9月)。翌97年7月には日本でデスクトップ型、A4ノート型が発売され、「バイオノート505」(以下505)は97年11月に発売された。

 ソニーでは販売実績を一切公表していないが、

  • 97年12月、1機種当たり販売台数が過去最高を記録。7%の数量シェアを獲得。
    (亜土電子工業T・ZOME事業本部長 日経ビジネス98.3.9)
  • 98年4-6月期、3電気街(東京:秋葉原、大阪:日本橋、名古屋:大須)において10%の数量シェアを獲得。(マルチメディア総合研究所98.8.24)

など好調さが伺える。

 その仕様は、

  • 重さ1.35kg
  • 厚さ23.9mm(当時B5型で世界最薄)
  • 「マグネシウム合金」と「紫色」の筐体の採用
  • 静止画管理・検索ソフトの内蔵

というもので、当時「黒」を基調にスペック重視の製品展開(クロック周波数やハードディスク容量の競争)が主流だったノートパソコン市場に「デザイン」と「実用性」のバランスによる新たな選択軸を提示し、パソコン初心者、女性など新たなユーザーを獲得した。


2.パソコン事業再参入の狙い

 ソニーのパソコンはこれが初めてではない。かつて「SMCシリーズ」、「MSXシリーズ」(ゲームに特化したMSX規格対応パソコン)による参入を図ったものの、89年、91年にそれぞれ撤退し、家庭用パソコン事業では失敗してきた。

 にもかかわわらず、ソニーはなぜパソコンに拘ったのか。バイオの開発にデザイナーとして企画当初から参加し、基本コンセプトなどの立案に関与した後藤主席は次のように答えている。

「96年4月、出井さんが『デジタルドリームキッズ』のコンセプトを掲げて、IT(インフォメーションテクノロジー)カンパニーをつくった。さしあたって基幹となるパソコンを早期に開発しなければならない、ということになり、どうせやるなら将来的には理想的なパソコンをつくろうという話になった。」
「このころから既に『既存AVハードをつなぐ有機体』としてのソニー版パソコンの基本的な考え方は共有されていた。」

出井社長の強い思い入れがあったことが伺える。


続きを読む
「「バイオ」の開発プロセスと体制」

続きを読むには有料の会員登録が必要です。


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.06.06

24年3月の「現金給与総額」は27ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.06.05

24年5月の「乗用車販売台数」は5ヶ月連続で前年割れに

2024.06.04

24年4月の「新設住宅着工戸数」は11ヶ月ぶりのプラスに

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area