半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:1999年01月01日

株式会社大創産業
不況をはねかえし急成長するダイソー
-100円がつくりだす楽しさと驚き
戦略分析チーム

全文の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

 「100円ショップダイソー」をご存じだろうか。買うつもりもなく店に入り、気がついたらかごの中には商品があふれていた、そんな経験をした方も多いのではないだろうか。展開するのは(株)大創産業(代表取締役:矢野博丈氏、以下大創)、1998年は毎月30~40店ペース(なんと毎日出店)で新規出店、9月には1,000店を突破し、1999年3月期の売上高は前期比65%増の800億円の実績をあげている。

 消費不況下のいま、低価格で成功している企業、商品は多いが、大創の成功は決して生活節約・防衛型の商品を提供したからではない。100円均一の世界の中で、あれもあるこれもあるという楽しさと、これが100円!?という驚きを提供することで、夢や楽しさを売る店、宝探し感覚で楽しめる店を実現しているからだ。それを支える商品力、売り場づくりを中心にその人気の理由を紹介したい。


移動店舗からのスタート
図表

 創業は1972年、決して当初から順調だったわけではない。小型トラックに雑貨を詰め込んでスーパーの店頭など人の集まる場所で店開きをする移動販売を開始し、しばらくして、広島の地盤を任される形で100円均一の商売に関わることとなる。その後、本格的に100円均一商品の移動販売を始めた1977年に社名を「大創産業」に変更している。

 キャラバン隊による移動販売は業容を拡大し、車に台数も増え、エリアも拡大していく。1987年、ユニー江南店からの出店要請を受け、店舗展開の第一号店を出店するが、キャラバン隊による移動販売から店舗展開へと政策転換するまでには数年を要する。店をつくれば設備投資はもちろん、移動販売とは比較にならない在庫を持つ必要があり、資金の回転が低くリスクが大きいため、容易には踏み切れないのも当然である。
 本格的な店舗展開を目指して直営店がオープンしたのは1991年だが、この間常設店はわずかに2店、100台近いキャラバン隊がビジネスの中心であり、売上は50億円に達していた。1992年には店舗売り上げが移動販売の売上を超え、1995年には店舗販売100%となっている。


仕入れ原価70円の上限を撤廃

 スタート当時人気があった100円ショップも、「安かろう悪かろう」の商品が多かったため、客から飽きられ、同業者は次々に廃業していった。そんな中で大創が成長してきた背景には、商売に対する考え方、生き方の転換がある。

 それまでの業界常識では、100円で売る商品の仕入れ原価の上限は70円であり、70円以下で仕入れられないものは100円では売れないとされていた。それでは客にとって魅力のある品揃えは難しいという考えから、仕入れ原価70円の上限を撤廃したのである。原価積み上げ方式による商売から、お客様にとっての価値から考えた商品の仕入れと品揃えをベースとする商売への転換である。

 お客様が「これが100円なの」と驚くような商品を提供するようになって売上も急上昇、広島県下から全国へとその評判が広まり、キャラバン隊の車台数がどんどん増えていった時期でもある。商品の扱い量も大きくなるが、なんと言っても量が売れて成り立つ商売であり、当初7年間、売上35億円までは赤字が続いたという。


続きを読む
「人気を支える商品力」

続きを読むには有料の会員登録が必要です。


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area