日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費社会白書2009
  「新しい消費の現実 求められる信頼価値」構成
はじめに
第1章 スローダウンする消費
  (1)値上げをきっかけに悪化する景気認識
  (2)職業と地域による世帯支出と支出金額の格差
  (3)悪化する消費マインド
  (4)値上げのインパクト
  (5)今後の消費をどうみるか-消費抑制モード強まる
  コラム:景気認識と支出意向の三カ国比較
  コラム:原油価格変動の景気への影響
第2章 信頼の時代と強まる内閉志向
  (1)主流の価値観は安心信頼志向
  (2)弱まる自己実現、強まる内閉志向
  (3)価値観変化の背景
  コラム:現状懐疑と内閉の日本
第3章 消費をリードする新しいデモグラフィックスと行動
  (1)年代、ライフステージによる標準的生活の希薄さ
  (2)東京人(Tokyoite)が牽引するフロー型生活スタイル
  (3)情報優位の消費行動
第4章 趣味選択される商品・サービス-現代の「いき」
  (1)趣味選択の拡大
  (2)趣味選択の4つの方向性と5つのタイプ
  (3)趣味選択と商品領域
第5章 食品・飲料にみる信頼形成の鍵
  (1)食品への不安と求められる信頼
  (2)信頼形成の購買モデル
  (3)食の信頼形成ネットワーク
  (4)食品値上げで分かれるブランド選択
  コラム:現代のプレミアム
第6章 健康で「キレイ」な生活のためのケア行動
  (1)健康不安とメタボリックシンドロームへの関心
  (2)日常ケア行動におけるマイクロトレンド
  (3)化粧行動の三カ国比較
  特別寄稿:Fragrance, smell and global marketing success
第7章 AV・携帯端末ニーズの日米中比較
  (1)日米中のAV・携帯端末所有の差と差を生み出す要素
  (2)各国で異なるAV視聴・携帯電話の楽しみ方
  (3)日米中の国別アプローチの可能性
補遺 調査設計
図表索引
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.