半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.19
消費者からみたソーシャルゲーム市場
-今後の拡大可能性を占う

 社会問題としてクローズアップされるなど、ソーシャルゲームの存在は世間でも広く知られるようになったが、ユーザーとして定着しているのは1割程度に過ぎず、ユーザーも若い世代が中心であり、市場の裾野の広がりは乏しい。長時間、大金をつぎ込んでやっているのは、ユーザーの大半を占めるヘビーユーザーの中の、さらに一握りでしかない。ソーシャルゲームのヘビーユーザーはゲーム好きではあるが、PCやゲーム専用機を使ってパッケージソフトをプレイしてきた旧来のゲーマーとは、異質な人たちである。ソーシャルゲームに対する今後のプレイ意向をみる限り、ソーシャルゲームのユーザー拡大の可能性は乏しい。ヘビーユーザーとミドルユーザーは根強く残るが、ライトユーザーでは離脱が進み、ノンユーザーからの新規流入は限定的である。既存のユーザーで態度を保留している層の帰趨が、今後のユーザー拡大の可能性を左右する。
 ユーザー維持・拡大の鍵となるのは、ソーシャルゲームのプレイの動機や目的である。ソーシャルゲームのプレイ理由は主に、「ひまつぶし」「ストレス発散」「癒し」などといった、生活の主目的・動機に対する補完物として位置付けられるものと、「何らかの達成感を得るため」といった生活の主目的・動機に直結するものとに大別できる。ヘビーユーザーでは後者にあたる、何らかの達成感ないし克服感と、その結果として得られる満足や喜びを、ソーシャルゲームのプレイの動機や目的に置いている傾向が強い。ソーシャルゲームを通じて何らかの達成感の充足を求め、その結果として得られる満足や喜びにプレイの意義を見出す人では、ソーシャルゲームのプレイ継続意向は極めて強い。「達成感の充足」を重視する人たちに好まれるジャンルが、「冒険・バトル系ロールプレイングゲーム」「育成・経営系ロールプレイングゲーム」などのRPGである。これらは、MobageやGREEなど、ソーシャルゲームを提供する主要サイトが現在注力しているジャンルであり、「コンプガチャ」の仕組みなど、ゲームでの「達成感の充足」につながりゲームへの執着を高めるような工夫が凝らされているジャンルでもある。
 ソーシャルゲームに対しては、根強い批判の声が存在する。ソーシャルゲームというバーチャルな世界のモノ、絵空事にリアルなマネーをつぎ込む人間が、若い世代を中心に少なからず存在していることは、世間の一般常識からみれば理解しがたいものがあろう。ただ、ソーシャルゲームのプレイ理由として「達成感の充足」を主目的としている人は、ソーシャルゲームとは別のリアルな世界に "生きがい"となることが存在しないがゆえにこそ、リアルな世界では決して得られない"生きがい"を見いだせる活路として、ソーシャルゲームというバーチャルな世界に全身全霊をかけているのである。彼ら自身にとっては、バーチャルな世界で自らが成し遂げていくことこそが、リアリティの感じられる唯一の「現実」なのである。リアルな世界への希望を失った人たちに、バーチャルな世界であっても自分自身が生きているという手ごたえや自分自身の存在価値を感じられる「居場所」を、更に言えば"生きがい"を提供できることが、ソーシャルゲームの存在意義であり、そうした"生きがい"に直結するような「達成感の充足」をもたらす仕組みへの深い洞察と探求こそが、ソーシャルゲーム市場の維持・拡大の鍵となるはずである。
(2012.08)


消費経済レビューの本文をご覧になるには、プレミアム会員にご入会下さい。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.06.06

24年3月の「現金給与総額」は27ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.06.05

24年5月の「乗用車販売台数」は5ヶ月連続で前年割れに

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area