半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.10
ネットワーク分析と帰納論理プログラミングの
比較と応用
関係性と属性を扱うデータ分析に向けて

 今日、人間関係のネットワークをはじめとした関係性を取り扱うデータの分析が盛んである。
関係性について 簡単に説明する。通常のデータ分析では、あるidとそれに付加された属性で構成されたデータを扱っていく。一方、関係性を取り扱う場合には、どのidとどのidが関係しているかという情報も同時に扱う。例をあげると、ある人物idがどの人物idと友達同士であるかなどのデータも扱うということである。
 このような関係性を扱うデータは、数学ではグラフで扱われるほか、関係があるかないかを0,1で表現した隣接行列と呼ばれるものでも表現される。これらのデータを扱う手法には、古くから社会学で研究されてきたネットワーク分析があるが、それとは別に、述語論理表現というものを用いて、関係性を表現するだけではなく、詳細な特徴抽出を可能とする手法として、人工知能の一分野である機械学習の一種、帰納論理プログラミングがある。述語論理を用いた場合は、関係性だけではなく、その種類や属性情報を組み込んで分析できるという点が特徴的である。
 ここでは、これらの分析手法について比較を行い、その上で、ネットワーク分析と帰納論理プログラミングの利点を組み合わせて両者の特徴を活かした情報抽出を行って、複数の関係や属性、新たな特徴の抽出など複雑なネットワークの分析などを行った。結果として、人間関係のネットワークから、中心的な人物が持つ特徴がわかり、調査データから得られた商品情報を交換するネットワークから、特定の年代において活発な情報の交換がなされていることなどがわかった。
 以上のように、人工知能で開発されている技術を応用し、「関係性を持ったデータ」を扱い、同時に通常の統計分析に見られるような「属性」を扱っていくなど、必要に応じて様々な方法を使い分けることでより有用な特徴を抽出することが可能となることがわかった。
(2008.12)


消費経済レビューの本文をご覧になるには、プレミアム会員にご入会下さい。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area