半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー
IV.ネットワークデータの分析手法と今後の展開


 本稿では、近年注目を浴びている社会ネットワークについて、入手したデータからネットワークをどのように扱うかという、ネットワーク分析およびリンクマイニングの手法についてサーベイを行う。さらに、これらを踏まえ今後、どのような方向に研究が進むかを考察する。
 リンクマイニングというのは、ネットワークに関連するデータから新しい知見を得るためにデータマイニング手法を応用したものであり、ネットワーク上のリンク予測や頻出するネットワークの抽出、ノードのランキングといった問題への解決法が提案されている。これらの最新の手法として、カーネル法を用いたものやアプリオリアルゴリズムなど既存のデータマイニング手法を用いたものが存在する。前者は、データの次元を高次元空間に写像することで非線形な判別や分類を可能とする手法であり、後者はアイテム同士の組み合わせ爆発を防ぎ、探索空間を小さくすることで高速に処理を行う手法であり、それぞれバイオインフォマティックスをはじめとした分野で徐々に成果を挙げている。
 ただ、それぞれの手法に関しても、ネットワークの表現能力の問題、計算量の問題など数々の問題が存在している。そのため、実際に解きたい問題に応じて手法を変えていくことが必要である。例えば、人間関係においてひととひととの関係の種類を考慮して分析する場合と、単純に知り合いか否か、友人数が何人かだけを求める場合とでは目的も使用するデータの種類も異なる。
 また、古くから人間関係の分析をはじめとする社会ネットワーク分析という分野が存在する。例えば、有名な概念として「中心性」というものがある。これはネットワーク全体であるノードがどれほど重要な役割を果たしているかをリンク数や遷移確率行列などを用いて計る指標である。これらの既存の方法は、「中心性」についてはノードのランキングというかたちでリンクマイニングへ取り込まれ、また「ブロックモデル」というネットワークを縮約する方法は、現在リンクマイニングへと取り込まれながら新たな発展を遂げている。
 さて、ネットワークの分析を応用の面からみた場合、様々な関係性やノードの属性が存在する複雑なデータのなかからの特徴抽出が求められている。例えば、社会ネットワークにおいて友人関係や血縁など様々な種類が存在しており、これらが相互に作用して人へと影響を与えている。このようなネットワークに対してもリンクマイニングなどの新たな手法が活用できる。
 以上を踏まえると、今後はリンクマイニングなどの手法を用いて応用に即したより複雑なネットワークからの情報抽出が進んでいくと考えられよう。

(2007.10)


消費経済レビューの本文は、プレミアム会員をご利用ください。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area