半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
ANAホールディングス株式会社(2018年3月期)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ANAホールディングスの2018年3月期決算の総括と戦略計画

ANAホールディングスの2018年3月期連結決算は、売上高1兆9,717億円(前期比11.7%増)、営業利益1,606億円(同14.4%増)となった、売上高はANAの国際線事業が大きく牽引し増収、今期からPeach・Aviation(株)を連結子会社としたことによる特別利益等を計上した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は1,438億円(前期比45.6%増)となり、営業利益、経常利益、当期純利器はいずれも3期連続で過去最高を更新した。セグメント別にみると、航空事業は需要に応じた各種割引運賃を設定したことに加え、訪日需要を取り組んだこと等により旅客数・収入ともに前期を上回った。サービス面では、空港での手続きのわかりやすさ、待ち時間の極小化を目的として出発カウンターのレイアウトを変更し、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービスを導入する等、お客様の快適性、利便性の向上に努めた。航空関連事業は、羽田空港、関西空港における旅客の搭乗受付や手荷物搭載等の空港地上支援業務の受託の増加、好調な需要を背景とした物流事業の取り扱いの増加が要因となり売上高、営業利益ともに増加した。2018年2月には今後の成長を加速していくため、「2018-22年度中期経営戦略」を策定、初年度にあたる2018年度は、2017年度から取り組んでいる「安全と品質サービ ス・人財」への投資に継続して取り組み、収益基盤の強化に備えた仕上げの1年とする。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.