日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
株式会社ワールド(2018年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ワールドの2018年3月期決算の総括と戦略計画

ワールドの2018年3月期連結決算は、売上高2,458億円(前年比1.7%減)、営業利益159億円(同10.1%増)と減収増益となった。ブランド事業において、国内小売事業ではチャネル毎に分社化を行った。ポートフォリオ管理により、成長性と収益性のバランスを図り、商品面においては差別化された付加価値の高い商品開発に継続して取り組んだ。また、国内卸売事業では、専門店の抱える様々な課題に対応する、総合ソリューション機能の充実を図った。国際事業では、中国・台湾・韓国・タイにおいて販売事業に力を入れた。投資事業においては、M&A事業と事業のポートフォリオ管理を行っている。2017年6月には、日本政策投資銀行とファンド運営会社を設立し、ファッション特化型の共同運営ファンドを組成。デジタル事業においては、「ワールドオンラインストア」を中心としたEC事業の推進、デジタルソリューション支援事業を行っている。プラットホーム事業においては、プラットホームの外部企業へのオープン化を推進。2017年4月に設立した、ワールドベースソリューションズでは、アパレル業界以外の業界に向けた取り組みも強化している。今後は、ファッション業界におけるEC事業の拡大や、消費者の購買行動の多様化によって生まれる競争環境の厳しさに対応していかなければならない。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

成長市場を探せ チョコレート(2019年版)
成長市場を探せ チョコレート(2019年版)

全日本菓子協会によると、チョコレートの市場は7年連続で拡大している。成長を支えているのは大人向け商品だ。従来の「太る」「虫歯」といったマイナスイメージに代わり、健康イメージが浸透。高カカオやビーントゥバーといった商品が人気を集めている。2019年のバレンタイン商戦前には「ルビーチョコレート」といった新たなジャンルも登場し、今後ますますの市場拡大が見込まれる。

消費者調査データ<br>平成の31年間で印象に残ったもの
消費者調査データ
平成の31年間で印象に残ったもの

31年にわたった平成も、残り3ヶ月を切った。平成とは、どんな時代だったのか。平成の31年間に起った出来事49件から、「印象に残ったもの」を上位3位まで選んでもらった。もっとも得票数が多かったのが「東日本大震災」で、4割の人が印象に残った出来事の1位に挙げた。震災から8年が経つ今日でも、そのインパクトの大きさがうかがえる。

MNEXT<br>第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録<br>情報的マーケティングへの革新
MNEXT
第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
情報的マーケティングへの革新

現代人の消費行動には、あらゆる場面でネット情報が影響している。これまで人間の欲求は、店頭などで商品に触れたときに生まれると思われてきた。しかし現代ではネットの中で欲求が生まれている。消費者のネット情報依存が浮き彫りとなった現代では、新しいマーケティングのフレームが要求される。従来からの4Pでも、デジタルマーケティングでもない。ここで提案したいのは、それらを統合した「情報的マーケティング」だ。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.