半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
株式会社ヤマダ電機(2018年3月期)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ヤマダ電機の2018年3月期決算の総括と戦略計画

ヤマダ電機2018年3月期の連結決算は、売上高1兆5,739億円(前年同期比0.7%増)、営業利益388億円(同33.0%減)、経常利益473億円(同28.3%減)と、売上はほぼ横ばいながら大幅減益となった。品目別の売上高は、家電・情報家電が1兆3,226億円(同1.3%減)、非家電が2,513億円(同12.6%増)であった。長期にわたり好調を維持してきた冷蔵庫に一服感がみられ、パソコンなどのデジタル関連は伸び悩んだものの、テレビは単価上昇により底堅く推移、洗濯機・クリーナー・白物家電も買い替え需要に下支えされ、底堅く推移した。家電市場における部門間の強弱はあるものの、堅調な需要に下支えされたことに加え、住宅関連事業が軌道に乗り始めたことから売上は微増となった。ヤマダは17年6月から郊外型店舗テックランドを中心に家電とインテリア・雑貨を融合した新業態「家電住まいる館」への転換を進めており、その影響で利益は大きく落ち込んだ。5ヶ年の中期経営計画の4年目となる2018年度は、100店舗の 「家電住まいる館」の出店、EV(電気自動車)開発のためのベンチャー企業への出資など、攻めの方針を打ち出していたが、中間決算では大幅な下方修正を発表、通期でも売上高が前回予想を680億円下回る1兆6,440億円(同4.5%増)、営業利益が427億円下回る294億円(同24.2%減)の下方修正となった。家電販売だけに頼らない新しい収益モデルへの改革に伴う費用増が利益未達の主要因だが、その後は改善に向かっている。「住宅まるごと」サービスという新たなビジネスモデルへのシフトが、今後どのように進展するのか注目される。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

リード続ける「お~いお茶」、激化する2位争い 猛暑で注目の麦茶は?
リード続ける「お~いお茶」、激化する2位争い 猛暑で注目の麦茶は?

2021年の茶系飲料の生産量は、前年のマイナスから一転、3.5%増となった。今回の調査では、「お~いお茶」が複数項目で首位を獲得。一方、2位争いはし烈で、「伊右衛門」「綾鷹」「生茶」が順位を入れ替えながら接戦を繰り広げている。巣ごもりに対応した、大容量やラベルレスの商品も好調で、市場は再び成長軌道に乗りつつある。

強い「コカ・コーラ」、再購入意向の高い炭酸水
強い「コカ・コーラ」、再購入意向の高い炭酸水

2021年の清涼飲料水の生産量は3年ぶりに増加、炭酸飲料も生産量で前年比101.9%、生産者販売金額は同104.9%で、販売金額は飲料全体を上回った。今回の調査結果を見ると、再購入意向以外の6項目で「コカ・コーラ(コカ・コーラシステム)」が首位を独走、再購入意向では、コロナ禍で増えた「家飲み」の割り材や、「コロナ太り」解消ニーズをつかんだ炭酸水やフレーバー炭酸が上位に食い込んだ。

半径200m圏内で全て完結!「流山おおたかの森」は多彩な小売業ひしめく次世代ニュータウン
半径200m圏内で全て完結!「流山おおたかの森」は多彩な小売業ひしめく次世代ニュータウン

今回は、成長著しい郊外ニュータウン「流山おおたかの森」を取り上げます。注目ポイントは、従来のニュータウンと異なる、商業施設を核とした街づくりです。駅を起点に低~高価格帯まで様々な業態が並び、半径200m圏内で生活が完結できます。また、保育園の待機児童ゼロなど、子育てと街づくりがセットになっていることも大きな特徴です。おおたかの森は、21世紀型ニュータウンのロールモデルといえるでしょう。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.