半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年01月11日



ポケット版・会社早わかり
HTC株式会社
16年12月期は赤字継続。スマホ事業の競争激化で

富士通の2017年3月期決算の総括と戦略計画

HTCの2016年12月期決算は、売上高782億台湾ドル(前年度比35.8%減)、営業損失146億台湾ドル(前年度の営業損失は142億台湾ドル)と大幅な減収減益となった。スマートフォン事業の競争激化による収益減や、VR事業が当初の想定ほどの利益を創出していないことが要因である。2017年9月にはGoogleにPixel部門を11億ドルで売却、スマホ事業部門に在籍する技術者約4,000人のうち、半数がグーグルに移籍するほか、HTCが保有するスマホ関連の特許など知的財産をグーグルにライセンスする。HTCは、収益性が悪化していた受託事業を切り捨てて、ハイエンドモデルを中心としたビジネスに集中することで、付加価値を高め、収益性の改善を試みる。収益が悪化している状況での売却であり、企業の頭脳である研究部門の人員流出となるだけに、決してポジティブな売却とは言えないが、今回手にすることになる11億ドルのキャッシュをどのように有効活用するかによって、今後の成長が決まってくる。ここ数年は毎年度大幅な赤字を記録しており、このままでは衰退の一途を辿ってしまうかもしれない。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案
ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案

2022年の最大の懸念、オミクロン株は変異しながらも3月中には収束、エンデミック化すると予測している。この状況下、消費財メーカーが取り組みべきはブランドの再構築・再活性化だ。そのリブランディングの手法として、当社がいま注力している、手書きイラストを使った感情マーケティング、「Emotional POP(ePOP) Marketing」を提案したい。

「チョコレート効果」「明治ミルクチョコレート」「ガーナ」 コロナ下でも強い定番
「チョコレート効果」「明治ミルクチョコレート」「ガーナ」 コロナ下でも強い定番

2021年のチョコレート市場は、インバウンドの蒸発で前年割れとなった。しかし、主力ブランドは好調で、今回の調査結果でもロングセラーブランドが強さを見せた。また、高級輸入品や機能系商品が再購入意向で高い評価を得るなど、着実なファンをつかんでいるようだ。

コロナ感染再拡大で消費は再び足踏みの気配
コロナ感染再拡大で消費は再び足踏みの気配

2022年に入り、新型コロナのオミクロン株の感染が拡大している。消費マインドはピークアウトの気配が出始め、消費は再び足踏み状態になりつつある。ホテルや旅館では宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、飲食店の客足も急速に遠のいている。回復の兆しがみえつつあった消費にもブレーキがかかる可能性が高そうだ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.