日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2016.12)
米トランプ政権誕生後の経済シナリオ分析
主任研究員 菅野守

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

1.はじめに

 ドナルド・トランプ氏は、メディアやエスタブリッシュメント(権力や支配力を持つ階級)たちからの非難をものともせず、最終的に大統領本選を制した。トランプ氏の勝利には、「アンチ・ヒラリー層」や「隠れトランプ派」の存在の影響が指摘されている。しかし、より注目を集めるのが、「高卒白人男性の工場労働者層」の影響だ。

 1970年代後半以降、世界各地へと工場の移転が進み、米国内の産業(特に製造業)は空洞化が進んだ。その過程で、「高卒白人男性の工場労働者層」はそれまで働いてきた工場を追われ、サービス産業の非正規労働や失業へと追いやられた。今や米中西部から北東部ニューイングランドにかけての地域は、別名「ラストベルト」(さびついた工業地帯)と呼ばれるほどだ。

 この「ラストベルト」の「高卒白人男性の工場労働者層」と、その家族がトランプ氏支持に回り、民主党の牙城とされていた「ラストベルト」は切り崩された。それが、トランプ氏の大統領本選勝利にも大きく寄与したといわれている。

 産業構造の転換が進む中で、負け組の工場労働者層が、勝ち組のエスタブリッシュメントに対し反旗を翻した、ともいえるだろう。ただしトランプ氏が、この工場労働者層の期待通りに、正規雇用の場と中産層としての人並みの暮らしとを取り戻してやれるかどうかは、未知数である。


2.トランプノミクスが日本や世界経済に及ぼす影響

 米Time誌の「今年の人」にも選ばれるなど、トランプ新大統領は、全世界からの注目を集めている。

 トランプ新政権が示した、「米国を再び偉大にする有権者との契約」と題する「100日行動計画」は、就任初日に実行する政策18項目、就任100日以内に法制化を目指す措置10項目の、合計28項目で構成される。


本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ 無糖茶<br>コロナ禍でも安定のロングセラー、「お~いお茶」「伊右衛門」
消費者調査データ 無糖茶
コロナ禍でも安定のロングセラー、「お~いお茶」「伊右衛門」

2019年の緑茶市場は数量ベースで過去最高を更新。麦茶などを含むその他茶飲料もプラスとなった。今年は新型コロナの影響で外出が減り、清涼飲料全体では苦戦が報じられていた。しかし茶飲料は、大幅刷新した「伊右衛門」などを中心に復調が伝えられている。ウィズコロナで迎える初めての夏、市場がどう動くかに注目だ。

7月消費支出への減少効果は約24% JMRモデルで推計(速報)―陽性確認者数報道によって変わる消費行動
7月消費支出への減少効果は約24% JMRモデルで推計(速報)―陽性確認者数報道によって変わる消費行動

新型コロナウイルス感染症の陽性確認者数が増えている。全国で1千人を超えることも珍しくない。この陽性確認者数の報道は、確実に消費者の行動に影響を与え、変容させている。本稿では、陽性者数の変化と日々の消費支出の変動を説明する当社独自のモデル(JMRモデル)をもとに、陽性者数が消費支出にどのような影響を与えるのかを推計した。更に、陽性者数の変動に伴う、消費支出の変化の予測を試みている。

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下で盛り上がるネット購買
特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下で盛り上がるネット購買

ネット通販の利用が伸びている。総務省の「家計消費状況調査」によると、ネットを利用した支出総額は2017年1月以降上昇傾向にある。2020年2,3月には一時前年割れとなったものの、コロナ禍の影響が深まった4月以降は伸び続け、その勢いも増している。中でも伸びが顕著なのが、出前、家電、医薬品、書籍、食料品の5品目だ。感染再拡大の動きは、こうしたネット購買の盛り上がりを更に後押ししそうだ。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.