半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2015.06)
第7回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
Session1. 消費格差が生み出す新しいトレンドとチャンス
主任研究員 菅野 守

本コンテンツは、2015年5月19日に行われた当社イベント、第7回ネクスト戦略ワークショップ「格差消費時代のマーケティングの新しい切り口」の講演録と、同日使用したプレゼンテーションをもとに構成したものです。
はじめに

 このSession1のタイトルは、『消費格差が生み出す新しいトレンドとチャンス』です。

  格差を巡る議論では多くの場合、収入格差や資産格差の方に関心が集まりがちです。その結果として見落とされがちな、消費格差の存在に、我々は今回、光を当てていきます。

 これからお話しする内容は、次の通りです。はじめに、消費格差に関する事実を紹介します。次に、消費格差が生まれる背景要因を明らかにした上で、最後に、消費格差をチャンスへと活かすヒントを示します。

1.収入格差よりも消費格差
(1)収入を上回る消費の上位集中度

 まず、消費格差がどれほどのものなのかを、みてみましょう。

 図表1は、下段に挙げた消費にまつわる項目での、支出の上位集中度を示しています。

図表1.収入を上回る消費の上位集中度


 支出の上位集中度とは、各項目へ支出を行った人または各財を購入した人を対象に、彼らの支出の総額のうち、支出金額の多い上位10%の層の人たちによる支出金額の合計が、どのくらいの割合を示しているのか、を示した数値です。以降、この数値を、消費格差の指標として用います。

 図表1の中で最も高い「腕時計」の上位集中度は76%です。上位10%の層の人たちによる支出が、「腕時計」への支出総額の76%を占めていることを意味します。「月あたり個人支出金額」は、調査対象者自身で自由に使える金額(自由裁量金額)のうち、実際に支出した月あたりの金額を表します。「月あたり個人支出金額」の上位集中度は49%ですので、上位10%の層の人たちによる支出で、支出総額のほぼ半分を占めていることになります(図表1)。

 比較のために、収入に関しては、世帯年収金額の上位集中度を示しておりますが、その数値は29%です。世帯年収のある人たちによる収入の総額のうち、世帯年収金額の多い上位10%の層の人たちによる年収金額合計の占める割合は、ほぼ3割です(図表1)。

 今回2015年1月に弊社で行った調査データを基に、消費にまつわる28項目について支出の上位集中度を計算しております。そのうち、世帯年収金額の上位集中度を上回っているものが、28項目中23項目です。世帯年収金額の上位集中度を下回っているのは、居住用一戸建て住宅やクルマなどを含む5項目だけです。消費にまつわる項目の数多くで、上位集中度は収入のそれを上回っております。

 この結果は、消費格差が収入格差を上回っていることを端的に示すものです。

 本コンテンツの全文は、有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2024.04.11

24年1月の「現金給与総額」は25ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.04.10

マーケティング用語集 イールドカーブ

2024.04.09

24年2月は「完全失業率」、「有効求人倍率」とも悪化

2024.04.08

企業活動分析 任天堂の23年3月期は主にハードウエアの売上減が響き減収減益

2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2024.04.04

企業活動分析 NTTの23年3月期はITサービス拡大で増収増益、過去最高更新

2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2024.04.01

24年2月の「新設住宅着工戸数」は9ヶ月連続マイナスに

2024.03.29

企業活動分析 KDDIの23年3月期は法人向け好調等で増収、過去最高益更新

週間アクセスランキング

1位 2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

3位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

4位 2024.03.28

月例消費レポート 2024年3月号 消費は足踏み状態が長期化している-インフレ見通しや消費マインド改善などによる消費回復の後押しに期待

5位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area