日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

新しい消費の読み方とその解決策を提案する『消費社会白書2005』を発行
株式会社JMR生活総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:松田久一)は、現代の消費に関する研究成果をとりまとめた『消費社会白書2005 見えてきた情報世代の消費心理』を発行した。この白書では、2004年8月に実施したインターネット調査のデータを基に、経済学・社会学・心理学などの幅広い知見を取り入れて総合的に分析し、2005年の消費市場の読み方について実務的な提案を行っている。

前年に発刊した『消費社会白書2004 すすむ消費、かわる消費』に続き、『消費社会白書2005 見えてきた情報世代の消費心理』では、2005年以降の消費市場をにらみ、マーケティングの実務家が検討すべき10の課題を設定、その答えを提示している。「個人消費は今後伸びるか」「2005年の消費リーダーは誰か」「デジタル家電はどこまで拡大するか」など10のトピックに対する答えを象徴する言葉が「情報世代」である。

IT化により情報の流通構造は大きな変化しているが、それによる消費者の購買行動の変化には温度差がある。インターネットを通じて得られる無尽蔵な情報を前に、情報に対して能動的な消費者と受動的な消費者の格差は拡大していく。そして、「情報世代」とも言うべき能動的な消費者は、さらに存在感を強めていくことになる。

この「情報世代」が台頭するネクストマーケットのキーワードは「POINT」。「Psych」消費は心理で動く。「Oh!」消費者は予想を超える品質を求めている。「Informative」情報世代が変える消費。「Near-to-me」恋人や家族など「近縁者」コミュニケーションが商品選択の鍵。「Techno-geek」「オタク」化する消費者。今後の消費市場の読み方に悩む、すべての実務家にお薦めの1冊である。

尚、2004年12月7日(水)、同社は『消費社会白書2005』発刊に先駆けて、マーケティング実務者のためのフォーラム「ネクストビジョン2005」を開催した。同フォーラムでは、企業の持続的な競争優位を構築するために必要な4つの「NEXT」と題し、そのひとつとして同書のエッセンスをまとめた「NEXT MARKET PLACE」を報告。そして、新たな市場に対応した新しい企業戦略「NEXT STRATEGIC MANAGEMENT」、来るべき2005年の市場にどのようなマーケティングを展開すべきか「NEXT MARKETING」、市場に迫るための新しいリサーチの仕組み「NEXT MARKETING RESEARCH」と、消費の読み方と市場の攻め方について総合的な提案を行ない、盛況のうちに閉幕した。

同社のホームページでは、『消費社会白書2005』ならびフォーラム「ネクストビジョン2005」のダイジェスト版を随時公開予定。また、消費に関する論文やデータ集を多数掲載している。



成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.