半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年04月25日

消費者調査データ No.364
デリバリーサービス(2022年4月版)
利用経験拡大する「出前館」「Uber Eats」、急成長は続くのか



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 コロナ禍で一気に市場拡大したデリバリーサービス。市場規模はコロナ以前の1,700億円から、2022年度には3,300億円、2025年度には4,100億円に達するという予測もある(日本能率協会総合研究所)。

 今回は、当社が任意に選んだフードデリバリー28サービスについて、「知っている(認知率)」「自宅が配達エリアにある(利用可能)」「利用したことがある(利用経験)」「昨年に比べ利用が増えた(利用増加)」「最近3ヶ月以内に利用した(3ヶ月以内利用)」「今後(も)利用したい(利用意向)」と「利用経験者における今後の利用意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査結果を、前回(2021年4月版)と比較すると、上位のサービスでは認知が上昇しているほか、サービスエリアの拡大などを受けて利用可能サービスや利用経験も上昇傾向がみられた。フードデリバリーサービスのすそ野が広がったことがわかる結果である。

 しかし、上位サービスの3ヶ月以内利用をみると

        2020年  2021年  2022年(今回)(%)
  • 出前館    2.6    7.6    6.7
  • Uber Eats   1.7    3.7    3.7
  • ドミノ・ピザ 2.9    5.9    7.0

となっており、昨年に比べて拡大トレンドは鈍っている。

 また、今後の利用意向を見ても、

        2020年  2021年  2022年(今回)(%)
  • 出前館    8.9    12.1    12.1
  • Uber Eats   4.8    6.4     6.3
  • ドミノ・ピザ 14.8    16.3    20.5

となり、「出前館」と「Uber Eats」の上昇は頭打ちだ。

 さらに再利用意向では、「出前館」が前回の69.7%から66.3%と微減、「Uber Eats」は同じく53.2%から43.3%と大きく下がっている。利用者のすそ野は拡大したものの、固定ファンの獲得はまだ途上といえるだろう。

 成長が見込まれる分野なだけに、フードデリバリーサービスの競争は激しい。昨年はNTTドコモの「dデリバリー」がサービスを終了し、2020年に日本上陸した「フードパンダ」は2年を待たずして撤退した。また昨年11月には「ドアダッシュ」が「ウォルト」の買収を発表した。一方、新規参入も相次ぎ、フードデリバリーに加えて日用品も運んでくれるサービスなど、より付加価値の高いサービスも登場している。競争激化が続くフードデリバリー業界の今後に注目が集まっている。


注目ランキング
  • 3ヶ月内利用
    1. ドミノ・ピザ          7.0%
    2. 出前館             6.7%
    3. パルシステムなどの生協の個配  6.5%
    4. Uber Eats           3.7%
  • 再利用意向
    1. パルシステムなどの生協の個配  72.9%
    2. 楽天ぐるなびデリバリー     70.0%
    3. 出前館             66.3%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示28ブランド

  • 出前館
  • Uber Eats
  • 楽天ぐるなびデリバリー
  • ウォルト
  • menu(メニュー)
  • DoorDash(ドアダッシュ)
  • シャショクル
  • ドミノ・ピザ
  • ピザーラ
  • ナポリの窯
  • 銀のさら
  • 柿家鮨
  • 釜寅
  • 宅配御膳菱膳
  • マックデリバリー(日本マクドナルド)
  • モスバーガーのお届けサービス
  • お届けケンタッキー(ケンタッキーフライドチキン)
  • すかいらーくグループの宅配
  • セブンミール(セブン-イレブン)
  • ワタミの宅食
  • オイシックス
  • ヨシケイ
  • らでぃっしゅぼーや
  • イオンネットスーパー
  • アイワイネット(イトーヨーカドー)
  • 楽天西友ネットスーパー
  • コープネットスーパー、パルシステムなどの生協の個配
  • Amazonフレッシュ


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2022年3月3日(木)~3月8日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,022サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB
強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB

家計調査によると、2021年の冷菓の支出金額は2年連続で1万円を超え、食糧費に占める割合も2年連続で過去最高となった。調査結果を見ると、店頭接触や購入経験など複数の項目で「ハーゲンダッツ」が首位に。特に3ヶ月以内購入では2位の「チョコモナカジャンボ」に9.7ポイント、今後の購入意向でも同じく「チョコモナカジャンボ」に9.3ポイントの差をつけた。

人種のるつぼ「川口市」 
人種のるつぼ「川口市」 "本当に住みやすい街"は流通戦略の新たなモデルケース

テレワークの定着で職住分離が進み、生活者のライフスタイルが変化。それに伴い、人気のエリアも変わってきている。なかでも注目の街が、東京都北区に隣接する埼玉県川口市だ。川口市は、2021年度の税収が当初見込みより34億円上回る943億円になることを発表。コロナ禍で税収が落ち込む自治体が多いなか、バブル期以来の増額補正となった。買い物面では、都市型店舗と郊外型店舗が同居する"買住近接"エリアだ。居住者も多様で、ファミリーからシニア、日本人と外国人など、様々なライフスタイルが共存。多様性の街「川口市」には、今後の流通戦略のヒントを見出すことができる。

5G(第5世代移動通信システム)
5G(第5世代移動通信システム)

5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」のことで、通信規格の名称。現在の「4G」に続く最新の規格で、日本では2020年3月から商用化が開始された。4K/8Kの高精細映像などの大容量コンテンツの伝送や、自動運転や遠隔ロボットへの活用、IoTの普及などが期待されている。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.