半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年04月26日



ポケット版・会社早わかり
大日本印刷株式会社
17年3月期は減収減益。印刷、エレクトロニクスともに低調

大日本印刷の2017年3月期決算の総括と戦略計画

大日本印刷の2017年3月期連結決算は、売上高1兆4,101億円(前期比3.1%減)、営業利益は314億円(同30.9%減)と、減収減益であった。セグメント別にみると、印刷事業のうち情報コミュニケーション部門では、書籍は前年並みに推移したが、雑誌の減少の影響が大きく、前年を下回った。また、図書館サポート事業も運営受託館数が増加したものの、出版関連事業全体としては前年を下回った。部門全体では、売上高8,012億円(前期比2.5%減)、営業利益188億円「(同35.7%減)となった。生活・産業部門は、紙のパッケージは減少したが、紙カップやフィルムパッケージの増加により前年を上回ったことなどにより、部門全体では売上高3,881億円(同1.4%増)、営業利益144億円(同14.6%増)となった。エレクトロニクス部門では、ディスプレイ関連事業・電子デバイス事業ともに伸び悩み、売上高1,694億円(同15.0%減)、営業利益164億円(同19.6%減)となった。清涼飲料部門では、無糖茶飲料は増加したものの、「コカ・コーラ」が減少し、部門全体では売上高566億円(同2.5%減)、営業利益24億円(同145.1%増)となった。今後は、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「環境とエネルギー」「暮らしとモビリティ」の四つの成長領域において、新しい価値の創造に注力するとともに、事業体制の強化や体制構築にも積極的に取り組んでいく。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

人種のるつぼ「川口市」 
人種のるつぼ「川口市」 "本当に住みやすい街"は流通戦略の新たなモデルケース

テレワークの定着で職住分離が進み、生活者のライフスタイルが変化。それに伴い、人気のエリアも変わってきている。なかでも注目の街が、東京都北区に隣接する埼玉県川口市だ。川口市は、2021年度の税収が当初見込みより34億円上回る943億円になることを発表。コロナ禍で税収が落ち込む自治体が多いなか、バブル期以来の増額補正となった。買い物面では、都市型店舗と郊外型店舗が同居する"買住近接"エリアだ。居住者も多様で、ファミリーからシニア、日本人と外国人など、様々なライフスタイルが共存。多様性の街「川口市」には、今後の流通戦略のヒントを見出すことができる。

5G(第5世代移動通信システム)
5G(第5世代移動通信システム)

5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」のことで、通信規格の名称。現在の「4G」に続く最新の規格で、日本では2020年3月から商用化が開始された。4K/8Kの高精細映像などの大容量コンテンツの伝送や、自動運転や遠隔ロボットへの活用、IoTの普及などが期待されている。

テイクアウト、デリバリーで伸びる洋風ファーストフード
テイクアウト、デリバリーで伸びる洋風ファーストフード

コロナ禍で外食全体が苦戦するなか、ハンバーガーチェーンなどの洋風ファーストフード業態は、コロナ前の2019年と比較しても116.2%と伸長している。原動力となったのは、感染症対策がしやすく、テレワークなど働き方・ライフスタイルの変化に伴うテイクアウトやデリバリーの拡大だ。原材料の値上がりや、健康意識、環境配慮意識の高まりなどの不安要素はあるものの、今後も成長が期待される業態だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.