半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年11月01日

消費者調査データ No.351
キャッシュレス決済(2021年10月版)
続く「PayPay」の快進撃



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2020年のキャッシュレス決済比率は29.7%と、2015年の18.2%から一貫して拡大している(経済産業省)。

 今回は、当社が任意に選んだキャッシュレス決済31ブランドについて、「知っている(認知率)」、「3ヶ月以内に広告などを見た(広告接触)」「利用したことがある(経験率)」、「最近3ヶ月以内に利用した(3ヶ月以内利用)」「昨年に比べ利用が増加した(利用増加)」、さらに「今後(も)使いたい(今後意向)」と「利用経験者における今後の利用意向(再利用意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、「PayPay」が再利用意向を除く6項目で首位を獲得、再購入意向でも首位の「楽天Pay」との差はわずか0.3ポイントだ。前回(2020年10月版)以前と比較しても、

          前々回       前回       今回
  • 認知     58.2% 6位    66.1% 4位    72.6% 1位
  • 広告接触   34.3% 1位    32.9% 1位    43.6% 1位
  • 利用経験    7.0% 9位    32.1% 3位    36.9% 1位
  • 3ヶ月内利用  6.7% 7位    27.3% 1位    32.7% 1位
  • 今後意向    7.0% 7位    26.4% 1位    32.1% 1位
  • 再利用意向  73.6% 5位    80.3% 2位    84.4% 1位

となり、広告接触は一貫して1位、認知や利用経験などその他の項目も上昇基調となっている。とくに利用経験は2年間で約30ポイント、3ヶ月内利用は約25ポイントも上昇。昨年と比べての利用増の項目でも、「PayPay」のみが22.7%と2桁となっており、急速なユーザー層の広がりがうかがえる。

 2位以下には「楽天ペイ」「Suica」「d払い」などが並んでいるが、3ヶ月以内利用や利用増などの項目では「PayPay」に大きく水をあけられている。また、どのブランドも前回(2020年10月版)と比較して利用経験や3ヶ月以内利用の大きな変化はみられない。

 再利用意向をみると、「楽天ペイ」「PayPay」が8割台、「アップルペイ」「Suica」「d払い」が7割台で、9ブランドが6割台で続く。各社が激しい顧客囲い込み競争でしのぎを削っている。

 還元キャンペーンで顧客をふやす一方、中小加盟店には手数料無料で加盟店を拡大、スマートフォン決済の最大手となった「PayPay」だが、この10月からは決済手数料を有料化。一方「楽天ペイ」やドコモの「d払い」は無料を継続。加盟店の囲い込みは新たな局面を迎える。コロナ禍による清潔意識の上昇なども追風になっており、今後の伸びしろも大きいとみられるキャッシュレス決済。激戦の成長市場から目が離せない。

注目ランキング
  • 3ヶ月内利用
    1. PayPay          22.7%
    2. WAON            8.7%
    3. 楽天ペイ          8.5%
  • 今後の利用意向
    1. 楽天ペイ         84.7%
    2. PayPay          84.3%
    3. ApplePay(アップルペイ) 75.0%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示33ブランド

  • 楽天Edy
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • WAON
  • nanaco
  • ウェブマネー
  • BitCash(ビットキャッシュ)
  • iTunesカード
  • GooglePlayカード
  • Amazonギフトカード
  • デビットカード
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINEペイ
  • d払い
  • auPay
  • ゆうちょPay
  • FamiPay
  • メルペイ
  • ApplePay(アップルペイ)
  • GooglePay(グーグルペイ)
  • Alipay(アリペイ)
  • AmazonPay
  • ドコモiD
  • auWALLET


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2021年9月10日(金)~9月15日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,042サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位
花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位

2020年の国内の衣料用洗剤市場は微減となり、特に粉末洗剤で落ち込みが大きい。今回の調査では、昨年の調査に続き、花王「アタックZERO」が全項目で首位を獲得。前回特徴的だった広告接触と店頭接触の高さに代わって、3ヶ月以内購入と再購入意向の高さが目立った。広告、店頭戦略からトライアル、継続使用に結び付けた好例といえるだろう。

キャッシュレス決済、続く「PayPay」の快進撃
キャッシュレス決済、続く「PayPay」の快進撃

2020年のキャッシュレス決済比率は29.7%で、2015年から一貫して拡大を続けている。今回の調査では、「PayPay」の躍進が目立った。これまで行ったすべての調査で「PayPay」は広告接触で一貫して1位、認知や利用経験などその他の項目も上昇基調となっている。特に利用経験は2年間で約30ポイント、3ヶ月以内利用は約25ポイントも上昇。昨年と比べた利用増加率でも、「PayPay」のみが22.7%と2桁をマークしており、急速なユーザー層の広がりがうかがえる。

EVが変える市場と競争-「拡・自動車市場」への脱成熟と自動車メーカーの脱皮
EVが変える市場と競争-「拡・自動車市場」への脱成熟と自動車メーカーの脱皮

脱炭素の鍵を握る次世代車として、EV(電気自動車)が有望視されている。毎日のように関連する報道が流れ、日本の自動車産業を危ぶむ論調が多い。一方で、EVが市場をどう変えるのかといった、消費者側の視点は一切ない。本稿では、消費者視点に立って、EVが市場をどのように変えるのか、そして顧客にどのような価値をもたらすのかについて、明らかにする。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.