半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年04月03日


消費者調査データ No.314
ファーストフードチェーン(2020年4月版)
「マクドナルド」全項目首位 グルメバーガーブームの次のトレンドは?



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2019年のファーストフード売上高(全店ベース)は、単月ではマイナスの月もあったものの、最終的には年間3.4%の成長で着地した(一般社団法人 日本フードサービス協会)。

 今回は、当社が任意に選んだファーストフード29チェーンについて、(ファストカジュアルを含む)について、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」という5項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、「マクドナルド」が6項目すべてで首位を獲得した。2位との差も、近隣立地は2位の「ケンタッキー・フライド・チキン(以下KFC)」に23.5ポイント、3ヶ月内利用も同じく「KFC」に23.6ポイント、今後の利用意向も18.7ポイント差となった。前回(2019年2月版)は3位だった再利用意向も、今回調査は首位である。「マクドナルド」は、頻繁なメニュー入れ替えに加え、スマホのアプリを使って注文・決済ができる「モバイルオーダー」や、商品を客席まで届ける「テーブルデリバリー」など新しいサービスを充実させることで顧客満足度に貢献、同店を展開する日本マクドナルドホールディングスは、2019年12月期の全店売上が創業以来最高を記録した。2位以下は、「KFC」に加え「モスバーガー」、「丸亀製麺」、「ミスタードーナツ」などが接戦を繰り広げている。

 また、国内にグルメバーガーブームを巻き起こした「シェイクシャック」だが、前回(2019年2月版)調査では、再利用意向で63.0%を獲得し首位となったが、今回の調査では47.3%で14位に沈んだ。日本初上陸時は話題となった「UMAMIバーガー」や「カールスジュニア」も伸び悩み、「バーガーキング」も20位内ランクインはかなわなかった。2015年の「シェイクシャック」上陸をきっかけに盛り上がったグルメバーガーブームは一服といったところだろうか。日本のファーストフードなどに大きな影響を与えてきた米国では、今植物肉への注目が高まっているという。国内でも植物肉がトレンドとなるか、それともまた別のトレンドが生まれるのか。外食業界は新型肺炎の拡大防止による外出自粛などで特に大きな影響を受けている業界だ。再成長を牽引するトレンドの登場が望まれる。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示29チェーン】
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ロッテリア
  • ベッカーズ
  • フレッシュネスバーガー
  • ファーストキッチン
  • バーガーキング
  • クアアイナ
  • シェイクシャック
  • カールスジュニア
  • UMAMIバーガー
  • サブウェイ
  • カレーハウスCoCo壱番屋
  • すき家
  • 吉野家
  • 松屋
  • くら寿司
  • スシロー
  • はま寿司
  • なか卯
  • てんや
  • 名代富士そば
  • はなまるうどん
  • 丸亀製麺
  • ゆで太郎
  • タコベル
  • 築地銀だこ
  • ミスタードーナツ


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年2月14(金)~2月19日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,035サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.