日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


 「季刊 消費経済レビュー」第2号を発刊いたします。

 2004年は、景気の回復傾向が持続する中で、消費もデジタル新三種の神器を主軸に活況を呈する1年となりました。しかし2004年後半以降、経済指標に景気減速を示唆する動きが見え始める中で、気の急いたエコノミストの間では、景気の腰折れを懸念する議論が台頭しつつあります。株価は、2004年4月にピークを迎えて以降、緩やかな下方トレンド描き、目下は神経質な動きを伴いながらボックス圏内で推移しています。
 日本経済の今後の見通しをめぐって、我々は再び、微妙な判断を迫られる状況に直面しています。

 2005年の日本経済と消費に付きまとう不透明感を払拭し、一歩先を見据えた戦略的判断と行動の一助となることを企図して、このたび「季刊 消費経済レビュー」第2号を発刊いたします。
 第Ⅰ部では、第1号が発刊されて以降の経済情勢を整理し、2005年の日本経済を読む鍵を明らかにします。第II部では、薄型テレビに焦点を当てて2005年の市場動向を占うとともに、市場攻略の鍵を握るファクターとして、コンテンツニーズが果たす意義と役割に、新たなる光を当てます。第III部では、戦略事例研究として、薄型テレビ市場で展開されているサバイバル競争の全貌を明らかにするとともに、業界内での勝ち残りの条件を独自の分析フレームワークに基づき俯瞰いたします。

 2005年、新たなる"航海"に乗り出すための「羅針盤」とならんことを願って、実務家のみなさまにお届けいたします。

「季刊 消費経済レビュー」販売開始

「季刊 消費経済レビュー Vol.2 2005年1月号」の書店販売を開始いたしました。全国の政府刊行物サービスセンターでお求めください。

季刊 消費経済レビュー Vol.2 2005年1月号
 I.Macroeconomic Outlook for Japan【要旨】一般公開
 II.2005年の消費市場を占う:薄型テレビを焦点に【要旨】一般公開
 III.戦略事例研究:薄型テレビ市場【要旨】一般公開

季刊 消費経済レビューの本文は、プレミアム会員をご利用ください。
季刊 消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

 季刊 消費経済レビュー Vol.2 2005年1月
I.Macroeconomic Outlook for Japan
 【要旨】
1.日本の景気は踊り場を迎えたのか
 (1)息切れ感がみえ始めた日本経済
 (2)腰折れの兆しは微塵も感じさせない外需
 (3)製造業主導でまだまだ地合いの強い設備投資
 (4)在庫・生産調整による景気悪化懸念はまだ早計
 (5)高位安定基調の消費者マインド
 (6)弱気スタンスに傾きはじめた
シンクタンク各社の想定シナリオ
2.2005年の経済と消費をどう読むか
 (1)2005年に関するシンクタンク各社の想定シナリオ
 (2)悲観方向に振れ始めた消費者の景気認識
-消費の堅調さと在庫調整の短期終了が鍵



II.2005年の消費市場を占う:薄型テレビを焦点に
 【要旨】
1.薄型テレビ需要のゆくえ
 (1)薄型テレビの販売動向
 (2)2005年も需要は持続
 (3)受容サイズの大型化
2.薄型テレビのブランド競争
 (1)各社の製品ラインナップ戦略
 (2)ブランドはシャープ「AQUOS」
3.スペック選択の鍵となるコンテンツニーズ
 (1)コンテンツによって異なる製品属性ニーズ
 (2)コンテンツニーズの三つの方向性
4.コンテンツニーズから見た、上位3社の巧拙と
今後の市場攻略の鍵



III.戦略事例研究:薄型テレビ市場
 【要旨】
1.薄型テレビの業界構造
 (1)拡大する薄型テレビ市場
 (2)業界構造
2.主要競争業者の戦略
 (1)各社の戦略
 (2)現在のKFSと競争優位
3.四つの戦略グループ
4.業界変化の方向
 (1)新規参入の脅威
 (2)代替品の脅威
 (3)売り手:主要部材の日本企業による寡占化
 (4)買い手:チャネルとユーザーの世代交代
 (5)薄型テレビ業界の変化シナリオ
5.勝者はどこか

成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.