日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス(2015年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年12月期決算の総括
2014年からスタートした中期計画初年度となる2014年12月期の連結決算は、売上高1,980億円(前年同期比3.5%増)、営業利益177億円(同10.4%増)となり、売上高、利益ともに着実に計画を達成した。売上高の90%超を占めるビューティーケア事業は、国内事業でブランドの新しい象徴となるスキンケアライン「オルビスユー」の発売や、SNSの活用、ロイヤル顧客へのサービス力アップなどにより年間を通じて好調なORBISブランドが増収増益の牽引役となった。POLA ブランドは国内市場の苦戦から前年同期を下回る売上高となったものの、収益構造の良化に努めた結果、増益を達成した。海外事業は、urlique が中国を中心に健闘し牽引役となったが、H2O PLUS は中国での販売の苦戦や北米での流通戦略変更が影響し、減収減益となった。育成ブランドは、THREE とdecencia が中心となって売上を拡大し、2016 年の育成ブランド全体での黒字化という目標に向け、順調な滑り出しを見せた。中計達成に向けての正念場となる2015年度は、基幹ブランドの安定的成長と海外ブランド、育成ブランドの収益構造の改善を最重要課題として、ブランドごとに多面的に戦略を展開、海外展開をさらに加速して高収益グローバル企業を目指す。

【最新版 279kb・2015.12.04 更新】
ポーラ・オルビス ホールディングス
企業活動分析
更新状況
14年 15年
戦略200+・企業活動分析「ポーラ・オルビス ホールディングス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。



企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)<br>無糖炭酸水がリピート意向上位に
消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)
無糖炭酸水がリピート意向上位に

2017年の炭酸飲料の生産量は、過去最高を記録した。今回の調査では、「コカ・コーラ」が再購入意向をのぞく6項目で首位を獲得、ブランドの強さを見せつけた。一方でユーザーロイヤリティの指標である再購入意向では、「トップバリュ炭酸水」「ウィルキンソン タンサン」をはじめとした無糖炭酸水が上位にランクイン。健康志向を背景に飲用シーンも広がってきている。

ビール系飲料(2018年6月版)<br>定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール
ビール系飲料(2018年6月版)
定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール

ビール類の出荷量減少が続いている。2017年は1992年以降で過去最低を更新するなど、厳しい市場環境の中でも各社、個性的な商品を投入してしのぎを削っている。今回の調査では、全項目で「アサヒ スーパードライ」が首位を獲得するなど圧倒的なブランド力を見せつけた。再購入意向では「よなよなエール」も上位に食い込んでいる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>試し飲みされるストロングビール<br>味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵

2017年のサントリー「頂(いただき)」発売以後、各社が相次いで新製品を投入しているストロング系ビール。今回はストロング系ビールについて、どういった人たちが、どういった理由で、どのようなシーンで飲用しているのか調査した。






データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.