日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.293
エナジードリンク(2019年5月版)
リアルゴールド、レッドブル、モンスターエナジー。3強上位独占





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください..

 エナジードリンクの市場は、2桁の伸びの後に、2016年は対前年比5%増、2017年は同じく8%増とやや落ち着いたものの、依然として成長を続けている(出所:サントリーインターナショナル)。

 今回は、当社が任意に選んだエナジードリンク29ブランドについて、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告やプロモーション、イベント(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って飲んだことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って飲みたい(購入意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2018年5月版)と同様、「リアルゴールド(日本コカ・コーラ)」「レッドブル・エナジードリンク(レッドブル・ジャパン)以下レッドブル」「モンスターエナジー(アサヒ飲料)」の3ブランドが複数の項目で上位3位を独占した。「リアルゴールド」は、認知、店頭接触、購入経験、3ヶ月内購入、今後の購入意向で首位となった。「レッドブル」は広告接触で首位を獲得した。

 また、ユーザー層のボリュームの指標として、3ヶ月内購入をみると、上位3位内ででも5%内外にとどまっており、ユーザー層は限られている。これは前回や前々回とほぼ同様である。一方ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向は

             2017年5月 2018年5月 2019年5月(%)

  • モンスターエナジー  59.6    62.5    50.8
  • レッドブル      51.7    54.5    45.7
  • リアルゴールド     -     50.3    42.9

と前回に比べて低下した。ブームは落ち着き固定ユーザーが残ったとみるべきだろう。

 ボリュームはさほど大きくないものの、成長が続くエナジードリンク市場には、新規参入も相次ぐ。昨年夏にはサントリーが「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー) ビターエナジー」を、今年4月にはアサヒ飲料「モンスター パイプラインパンチ」を、日本コカ・コーラが「リアルゴールド ウルトラチャージ レモン」を発売した。今後とも激しい生き残り競争が予想される市場から目が離せない。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示29ブランド】
  • モンスターエナジー(アサヒ飲料)
  • モンスターエナジー ドクター(アサヒ飲料)
  • モンスターエナジー カオス(アサヒ飲料)
  • モンスターエナジー アブソリュートゼロ(アサヒ飲料)
  • アサヒドデカミン(アサヒ飲料)
  • サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー
  • リアルゴールド(日本コカ・コーラ)
  • レッドブル・エナジードリンク(レッドブル・ジャパン)
  • レッドブル・シュガーフリー(レッドブル・ジャパン)
  • オーガニクス by レッドブル(レッドブル・ジャパン)
  • RAIZIN(ライジン)(大正製薬)
  • XSエナジードリンク(日本アムウェイ)
  • シャークエナジードリンク
  • コーワパワードコーヒー(興和)
  • バッテリーエナジードリンク
  • キリンメッツアルギニンV パワフルエナジー(キリン)
  • ビーエナジードリンク(山田養蜂場)
  • ファイテンエナジードライ(ファイテン)
  • KiiVA(キーバ)エナジードリンク(キーバ)
  • エナジージム(ダイドードリンコ)
  • ミラクルエナジーV(サンガリア)
  • ライフガード・インフィニティ(チェリオ)
  • メガシャキ ENERGYSHOCK(ハウス)
  • スーパーマンエナジードリンク
  • ブラックアウト(ドン・キホーテ)
  • みなさまのお墨付きエナジードリンク(西友)
  • matsukiyoEXSTRONG エナジードリンク(マツモトキヨシ)
  • VLエクストラチャージ エナジーブラック(ローソン)
  • ナチュラルエナジードリンク FIREFLY(ローソン)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年4月10日(水)~4月15日(月)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,031サンプル
サンプル構成(%)







おすすめ新着記事

成長市場を探せ 冷菓(2019年版)
成長市場を探せ 冷菓(2019年版)

17年の冷菓市場は過去最高を記録するなど、好調を維持し続けている。牽引しているのは中価格帯のアイスだ。「エッセル スーパーカップ」などのスイーツ系や、「sunao」など糖質オフを付加価値にした商品が伸びているとみられる。値上げや増税など逆風要素もある中、各社の今後の動向から目が離せない。

消費者調査データ 冷菓<br>拡大する市場で独走するハーゲンダッツ
消費者調査データ 冷菓
拡大する市場で独走するハーゲンダッツ

18年度の冷菓市場は7年連続で過去最高を更新する見込みだ。今回も過去の調査同様、「ハーゲンダッツ」が複数項目で首位を獲得、盤石の強さを示した。2位以下は「スーパーカップ」「ピノ」「パルム」などのロングセラーブランドがひしめく混戦模様だ。今春、多くの冷菓ブランドが値上げを発表。各社は高付加価値化を図り、健康訴求を行っている。需要最盛期を前に、今後の動向が注目される。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康志向と「映え」で伸びるチーズ需要
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康志向と「映え」で伸びるチーズ需要

チーズ市場が伸びている。農林水産省によると、チーズの消費量は過去10年で40%以上の成長率だ。特に18年にはチーズの健康効果やEPA発効による値下げがメディアで報じられ、注目が高まった。消費者はどのようにチーズを食べているのか、チーズの食頻度増加の要因を探ってみた。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.