半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2023年05月26日

消費者調査データ No.387
冷菓(2023年5月版)
王者「ハーゲン」に迫る「エッセルスーパーカップ」



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2021年度の冷菓の市場規模は、前年比101.2%の5,258億円で、過去最高を2年連続更新した(一般社団法人 日本アイスクリーム協会)。22年度も同2%増程度が見込まれている。また2022年の家計調査ベースでも、冷菓の支出金額は10,847円と3年連続して1万円を超え、こちらも過去最高となった。

 今回は、当社が任意に選んだ冷菓24ブランドについて、「知っている(認知)」「3ヶ月以内に店頭などで見た(店頭接)」「買って食べたことがある(購入経験)」「最近3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)食べたい(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という6項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、複数の項目で首位を獲得したのは「ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)」だった。店頭接触、3ヶ月内購入、今後の購入意向などで首位を獲得、高い店頭カバー率とファンの存在をうかがわせる結果である。

 しかし、前回(2022年5月版)までと違い「独走」とはならないようだ。「明治エッセルスーパーカップ(明治)」が、店頭接触で0.4ポイント差、3ヶ月内購入では0.1ポイント差に迫っている。「明治 エッセル スーパーカップ」は購入経験では首位も獲得している。

 再購入意向をみると、「ハーゲンダッツ」は67.6%と高いものの、首位をイオンの「トップバリュのアイス」に譲り、背後からは「チョコモナカジャンボ(森永製菓)」や「SUNAO(江崎グリコ)」などに迫られている。「明治 エッセル スーパーカップ」は58.3%で同率8位となっている。

 コロナ禍による行動制限はほぼ撤廃されたが、"イエナカ"需要は堅調だ。しかし、昨年からの物価高騰を受け、生活防衛意識の高まりからプレミアムアイスは苦戦気味だという。春以降も値上げが相次ぐ中、メーカー各社は主力ブランドのリニューアルや季節限定のフレーバーなどで付加価値を高め、ユーザーのつなぎ止めを狙う。最需要期を迎えるこれからの競争の行方が注目される。


注目ランキング
  • 3ヶ月内購入
    1. ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)  18.5%
    2. 明治 エッセル スーパーカップ(明治)     18.4%
    3. チョコモナカジャンボ(森永製菓)       15.6%
  • 再購入意向
    1. トップバリュのアイス(イオン)       70.0%
    2. ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)  67.6%
    3. チョコモナカジャンボ(森永製菓)      64.8%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示24ブランド

  • SUNAO(江崎グリコ)
  • 牧場しぼり(江崎グリコ)
  • ジャイアントコーン(江崎グリコ)
  • アイスの実(江崎グリコ)
  • 明治 エッセル スーパーカップ(明治)
  • 爽(ロッテ)
  • クーリッシュ(ロッテ)
  • レディボーデン(ロッテ)
  • 雪見だいふく(ロッテ)
  • モナ王(ロッテ)
  • ガーナアイス(ロッテ)
  • ピノ(森永乳業)
  • パルム(森永乳業)
  • MOW(モウ)(森永乳業)
  • アイスボックス(森永製菓)
  • チョコモナカジャンボ(森永製菓)
  • ヨーロピアンシュガーコーン(クラシエ)
  • ガリガリ君(赤城乳業)
  • あずきバー(井村屋)
  • ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)
  • 食べる牧場アイス(ファミリーマート)
  • ウチカフェのアイス(ローソン)
  • セブンプレミアムアイスクリーム(セブン&アイ)
  • トップバリュのアイス(イオン)


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2023年04月07日(金)~04月10日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,073サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.06.06

24年3月の「現金給与総額」は27ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.06.05

24年5月の「乗用車販売台数」は5ヶ月連続で前年割れに

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area