半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年11月05日

消費社会白書2021
コロナな時代のココロ

NEW 2021.01.25 基本集計表のサンプルを公開しました
NEW 2020.12.03 基本集計表の販売を開始しました

発行:2020年11月
定価:11,000円(税込)

 「消費社会白書」の最新刊を今年も発刊いたします!発刊以来18年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案。中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載!

 本書では紹介しきれなかった、価値意識や消費行動、コロナ対策行動など10のカテゴリ、100以上の調査項目を、性別や年代、ライフステージなど14の分析軸で集計した、基本集計表の販売も行っています。


巻頭言「コロナな時代の絆を結ぶプラットフォームマーケティングの提案 」

 コロナな時代。

 2020年の時代規定は、みなさんに認めて頂けるだろう。

 しかし、戦略立案者には明確に区分すべきことがある。コロナ禍という外的衝撃がもたらした複雑な変化の濾過だ。コロナ禍が新しくもたらした変化は何か、変化に対して生まれている見直しや反動は何か、そして、変化の深部の構造変動は何か。

 「ニューノーマル」という政府の進めるライフスタイルは、新しくもたらされた変化圧力だ。マスクなどの基本的な防疫対策をとり、あらゆる生活場面で社会的距離を確保し、人との対面接触を避ける暮らしだ。この外的圧力に対する反動も生まれている。感染報道が消費支出に影響しなくなった。「Go Toキャンペーン」の異常な盛り上がり。根強い旅行願望。復活し始めたママ友の集まり。そして、構造変動では、社会的距離化や社会分断によって、仲間、会社や地域社会の絆が断たれ、「他者から承認される」機会が減り、個人のアイデンティティが問われるようになった。「あいまいな私」ではすまなくなった。20年ぶりの世代意識の転換で、抑圧された消費が見直されつつある。消費の先送りで高まった購買力は、預貯金として滞留するのではなく、新しい出口を求めている。

 コロナで凍り付いたココロを溶かして、消費を活性化させるのがマーケティングの基本の仕事だ。売り手と買い手の固い絆づくりのプラットフォームマーケティングを進めよう。

2020年11月
代表取締役社長  松田 久一




消費社会白書2021 構成

コロナな時代のココロ

第1章 「きちんとした私」と「ヒトとの結縁」を守る価値意識
  1. (1)大事にしたい価値は「きちんとした私」
  2. (2)日常化するコロナ対応行動
  3. (3)再認識される「人とのつながり」とアイデンティティ意識
  4. (4)コロナが生んだ格差とリーダー層

第2章 消費の宅内充実シフトと潜在欲望が生み出す消費復活
  1. (1)堅実な消費延期と潜在欲望
  2. (2)コロナによる消費抑制インパクトと宅内充実消費
  3. (3)ニューノーマル下で再発見される消費

第3章 宅内食の拡大と高度化
  1. (1)宅内食の拡大
  2. (2)変わる食意識
  3. (3)情報源の拡がりと家事の担い手変化

第4章 買物の効率化と見直される「リアルの強さ」
  1. (1)コロナ禍で拡がるチャネル間の格差
  2. (2)リアル購買行動の効率化
  3. (3)店内購買行動と選択の手がかり
  4. 【コラム】階層意識が上がるにつれて、キャッシュレスは定着

第5章 拡がる職住接近のライフスタイル
  1. (1)根強い都市への志向
  2. (2)拡がる共働き職住接近スタイル
  3. (3)高まる住まいへのニーズ
  4. 【コラム】在宅勤務を通じて志向される複数拠点生活

第6章 激変した仕事と余暇、問われる生きがい
  1. (1)定着する在宅勤務スタイル
  2. (2)加速した職業格差
  3. (3)コロナ禍で問われる生きがい
  4. (4)宅内余暇化と高まる旅行への願望
  5. 【コラム】コロナ禍で視聴されたコンテンツ

補遺
  1. (1)調査設計
  2. (2)対象者プロフィール
  3. (3)世代区分
  4. (4)図表索引

価格・プレミアム会員年会費セット割引

「J-marketing プレミアム会員サービス」とのセット割引もご用意しています。


●「消費社会白書2021」+プレミアム会員(個人)年会費セット
  「消費社会白書2021 (11,000円)」
    +J-marketing.netプレミアム会員(個人)年会費(10,000円)
  合計 21,000円 → 合計 15,000円(セット割引 6,000円OFF)でご提供

※セット割引は個人でお申込みの方に限らせていただきます。
※プレミアム会員登録手続き完了まで1~2営業日程度頂戴する場合がございます。
※既に個人プレミアム会員に登録済みの方も、一律上記セット価格にてご継続手続きを承ります。
※プレミアム会員サービスについてはこちらをご覧ください。

基本集計表について

EXCEL形式 定価:50,000円(税込)

「消費社会白書2021」では網羅しきれなかった価値意識や消費行動、コロナ対策行動など10のカテゴリ、100以上の調査項目を、性別や年代、ライフステージなど14の基本属性を軸に集計しました。

設問項目の目次と集計軸(基本属性)は以下からご覧下さい。

基本集計表 目次

集計表のイメージを詳しく知りたいというご要望にお応えして、一部設問を抜粋したサンプルPDFをご用意しました。

基本集計表 サンプル

カスタム集計サービスも行っています。ご相談・お見積りはこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。


ご購入

※「消費社会白書2021」はPDF版でのご提供となります。予めご了承下さい。
※お申込完了後1~2営業日程度でダウンロードURLをお知らせいたします。
※書籍版の在庫も若干数ございますが、ご希望の場合は別途お問い合わせ下さい。



>>JMR生活総合研究所の書籍一覧

>>消費社会白書 バックナンバーはこちら

ネクスト戦略ワークショップ講演録

新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area