日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
スズキ株式会社(2016年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2016年3月期決算の総括
2016年3月期の連結決算は、売上高3兆1,807億円(前年度比55%増)、営業利益1,953億円(同8.9%増)、当期純利益1,167億円(同20.4%増)となった。国内売上高は、軽自動車税増税の影響やOEM売上の減少により、減少した。一方で、海外売上高はインドネシアで売上高が減少したものの、インドにおける四輪車の売り上げ増加により、2兆1,328億円(同11.0%増)となった。セグメント別では、二輪車事業は新型ロードスポーツバイク「GSX1000」が販売貢献した。しかし、インドネシアでの減少が影響し前年度に引き続き、営業損失7億円を計上した。四輪車事業では国内が販売不調であったが、欧州地域での「ビターラ」の売上寄与やインド、パキスタンでの増加等により増収増益となった。特機等事業では、米国での船外機の売上増加等によりで増収および大幅な増益となった。今後は、二輪車事業での赤字体質脱却のために選択と集中を行い、スズキの特徴を明確にした商品開発を目指す。また四輪車事業では、軽・A・B・C・SUVセグメントの商品に注力し世界の拡大している小型車市場に対応してさせていく。来年度は、売上高3兆1,000億円(前年比2.5%減)、営業利益1,800億円(7.8%減)、当期純利益930億円(同20.3%減)を見込んでいる。

【最新版 2017.04.13 更新】
スズキ
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
- - - - - - - -
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年
- - - -
戦略200+・企業活動分析「マツダ」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.