日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社ダスキン(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年3月期決算の総括
ダスキンの2017年3月期連結決算は、売上高1,619億円(前年前期比2.0%減)、営業利益61億円(同13.0%増)、当期純利益43億円(同44.8%増)となった。セグメント別では、クリーン・ケアグループの主力ダストコントロール商品の売上高は、フランチャイズ加盟店向けの売上が減少し、最終的に前期を下回ったが、レントオール事業等のその他の事業が好調に推移したことにより、クリーン・ケアグループ全体の売上高は1,105億円(前期比0.3%増)となった。営業利益は、「スタイルクリーナー」の原価減少・重油価格下落により売上原価が減少した結果、137億円(同5.2%増)となった。フードグループでは、主力のミスタードーナツ事業において、お客様売上減少によりロイヤルティ・加盟店への原材料売上ともに減少した。この影響を受け、フードグループ全体は売上高402億円(同8.8%減)、営業損失7億円(前期は営業損失15億円)となった。その他事業では、中国で展開しているクリーン・ケア事業やミスタードーナツ事業が増収要因となり、売上高は112億円(前期比1.7%増)となり、利益面では、海外事業における営業損失の減少や、ダスキン共益(株)、(株)ダスキンヘルスケアの増益により、1億円の営業利益をあげた(前期は営業損失2億円)。2018年3月期は、中期経営方針2015の最終年度になる。低迷しているミスタードーナツの立て直しに引き続き取り組み、継続的な構造改革を実行することが喫緊の課題になるだろう。

【最新版 2018.01.25 新規】
ダスキン
企業活動分析
更新状況
17年
戦略200+・企業活動分析「ダスキン」
戦略200+・企業活動分析




競合他社の業績と比較分析する

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.