半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.05)
盛り上がる"新しい贅沢"消費
消費研究チーム

 昨年の暮れまでの"暗い"空気から、一転して消費市場が明るさを増してきた。
 2013年年初から5月現在、「高額商品が伸びて百貨店が好調」「輸入乗用車が対前年2桁増」など高額商品サービスの消費が拡大しているというニュースが伝わっている。最初に消費拡大の空気をつくったのは、株高により資産残高が増加した資産家層、企業業績回復見通しをもった高収入層 (合わせてアッパー層) である。
 その空気が3月4月と月を追って、年代でいうと40代50代のミドル層、収入階層の中間層に波及している。ミドル層自身が資産収入見通しを改善させていることに加え、周りの空気に感染して財布の紐が緩みはじめたのだ。

 アッパー層の"贅沢"な商品サービスの消費行動はミドル層の模倣欲望を刺激している。世間の"暗い空気"に支配された節約消費意識から解放され、魅力的に映るのは「ちょっとしたぜいたく感」のあるものだ。
 今、人々が何を欲しがっているのか、4月連休前に実施した緊急消費者調査結果を紹介する。

 40の商品サービスカテゴリーと53の商品ブランドを任意に提示し、「ぜいたくと感じるもの」「欲しいもの」の解答を得た。
 はじめに商品サービスカテゴリーについて、「ぜいたくと感じるもの」のベスト10をみてみる(図表1)。全体では、「自宅プール」、「リゾートマンション」、「豪華客船クルーズ」と続く。上位10位までは、男女差はほぼない(違いは男性の10位「大排気量のスポーツカー」が女性では11位、女性7位「飛行機のビジネスクラス」が男性13位のふたつだけである)。

 「欲しいもの」は、全体ランキングでは1位が「3連泊以上の国内温泉旅行」、続いて「海外旅行」「お掃除ロボット」がベスト3である。男性1位が「ノートパソコン」、女性は「海外旅行」。女性では、3位に「お掃除ロボット」、4位「高機能炊飯器」、8位「家庭用エスプレッソマシン」と白物家電が、男性では6位に「50インチ以上の大型薄型TV」が入っている。

図表1.ぜいたくと感じるもの

図表2.欲しいと思うもの


 こうしてみてくると「欲しいもの」は「ぜいたくなもの」とは大きく異なっており、男女差も大きい。「欲しいもの」と比べると、「ぜいたくなもの」の上位には自分では買えないもの、欲しくないもの、ムダなものが含まれているようだ。

 そこで、「ぜいたくと思うもの」であり同時に「ほしいもの」を集計してみた。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

参照コンテンツ

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area