日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

オタクが斬る!
一般ユーザは想像もつかない、こだわりの機器選びと高度な使い方
消費研究チーム

Aさん:こだわりの機器選びと創意工夫に基づく使い方・楽しみ方で異彩を放つ
【プロフィール】
図A-1.Aさん宅家族構成
家族構成
 33歳男性。既婚。千葉県の賃貸アパートに住む。情報通信系企業の事務職。高校生の頃からAV機器にハマっている。

【コンテンツ視聴】
図A-2.使用機器とAVライフスタイル
使用機器とAVライフスタイル
 『スカパー!』の『べーシックメニュー+音楽系ラジオチャネル(200チャンネル超)』に加入している。ドラマ、映画、アニメなどジャンルは幅広く、ほとんど録画して視聴。オンタイムで見るのはバラエティ番組くらいである。
 視聴時間は平日約2時間で、休日は録り溜めたもののチェックを約6時間かけて行う。一度見たものはほとんど消しているが、保存したい映画やドラマはSPモードで二時間分ずつDVDに焼いている。CMスキップには「秒飛ばし機能」を使っており、オンタイムでも5分遅れ再生をする。
 音響にもこだわっており、再生用にはDENONのアンプと5.1chサラウンドスピーカー・システムを使っている。

【テレビモニター】
 リビングでは36インチのブラウン管デジタルテレビ「ビクター DET1500i高精細テレビAV-36Z1500」を使っている。走査線数1,500本を実現し、画像の美しさにかけては、最近の液晶テレビやプラズマテレビにひけをとらない。液晶テレビやプラズマテレビへの買い換えについて検討はしているものの、地上波デジタルへの完全移行が終了し、新機種や技術などが落ち着いてから判断する予定である。

【レコーダー】
 映像はデジタル、音声は光を使用。用途により3台のレコーダーを使い分けている。HDD内蔵DVDレコーダー「東芝 RD-StyleRD-XS41」、DVDレコーダー「松下電器 ディーガ DMR-E60」、S-VHSレコーダー「三菱電機」で、アテネオリンピック直前に購入したHDD内蔵DVDレコーダー「東芝 RD-StyleRD-XS41」は、拡張性が高くPCで編集しやすいことからもお気に入りである。

【PC】
 Windows XPと、Windows 98/2000のデスクトップを2台使用している。現在モバイルは使っていない。メインはWindows XPのマシンだが、ソフトウェアの動作環境により98/2000を残している。PCはマザーボードを残して、CPU、メモリ他ほとんど換装済み。モニターはデザインで定評のある「ナナオ 17インチ FlexScanE55D」を使用しているが、そろそろ古くなってきたので、高速なCPUを搭載したPCとともに入れ替えたいところである。

【ホームネットワーク】
 PCネットワークは無線LANを採用している。
 さらにHDD内蔵DVDレコーダーをネットワークに接続することで、インターネットを利用した録画予約を実現している。ただし、別途『スカパー!』チューナーに、番組の受信予約をいれなければならないのが難点である。

図A-3.Aさん宅主要機器のネットワーク状況
fig02


※:ON-TVの会員サービスで番組予約ページに行き、目的の番組をクリックすると登録してあるメールアドレスに予約データが送信される。HDD内蔵DVDレコーダー「東芝 RD-StyleRD-XS41」は、定期的に登録したメールアドレス宛の番組予約メールをチェックするよう設定されており、番組予約メールを見つけるとメールをダウンロードし、その番組の録画予約までを自動的に行うようになっている。


Bさん:3台のHDD内臓DVDレコーダーを巧みに使い分け
【プロフィール】
図B-1.家族構成
家族構成
 39歳男性。既婚。小学校低学年の子供と、幼稚園に通う双子がいる。東京の賃貸アパートに住む。金融業の管理職で平日は激務に追われている。機器選択にあたっては、デジタル機器情報誌を参考にしている。

【コンテンツ視聴】
図B-2.使用機器とAVライフスタイル
使用機器とAVライフスタイル
 地上波、BS、CATVで、料理ショーのようなバラエティ番組を視聴している。録画したものを含めテレビを見るのは、土日がほとんどである。まだ子供が小さいため、子供と一緒に見られる番組やアニメも録画の対象となっている。視聴時にはCMを飛ばしている。

【テレビモニター】
 日立製の28インチブラウン管テレビを使用。

【レコーダー】
 映像はコンポジット、音声はアナログ。HDD内蔵DVDレコーダーを3台使用しており、いずれも半年内の購入である。メインは「日立 DS250」で、地上波データから番組を調べ、24番組を週指定の予約で録画している。チェックした後、気に入ったものはDVDに保存して残りは消している。サブの「ビクター DR-MX5」は録画したい番組が重なった時に使う。「東芝 RD-XS53」は子供が見るアニメを録画するために購入。

【PC】
 デスクトップPC2台とノートブックを使用している。

【ホームネットワーク】
 「東芝 RD-XS53」をイーサネットによりホームネットワークに接続し、インターネットから番組表をダウンロードして子供が見たい番組の録画予約をしている。


図4.Bさん宅主要機器のネットワーク状況
fig02


Cさん:HDDレコーダー・コクーン(ソニー製)に容量一杯まで録りだめし、成り行き任せで楽しむ
【プロフィール】
図C-1.家族構成
家族構成
30歳男性。独身。東京都のマンションに住む。技術系専門サービス業の技術職。スタートレックのファンである。

【コンテンツ視聴】
図C-2.使用機器とAVライフスタイル
使用機器とAVライフスタイル
 『スカパー!』のオレンジパック(海外ドラマ・映画・アニメ)に加入している。昔のアニメや海外ドラマなど、一話で完結する短編が中心で、お気に入りの海外ドラマシリーズは全編欠かさずチェックするが、録画した番組をDVDに保存することはない。CMスキップには「秒飛ばし機能」を使っており、オープニング飛ばしも行っている。
 セルDVDやレンタルDVDもよく見ており、気に入ったシリーズなどはセルDVDで全作を揃えている。

【テレビモニター】
 リビングではイイヤマ製20インチ液晶テレビを使っており、DVDプレーヤー代わりのX-Boxが接続されている。書斎兼寝室ではアイワ製14インチ液晶テレビを使っており、ここでも『スカパー!』が見られるよう専用ルータを設置している。
 テレビモニターのサイズがさほど大きくないのは、モニターなら32インチまでで十分で、大画面ならばプロジェクションタイプがよいとの考えからである。

【レコーダー】
 映像はS端子、音声はアナログ。HDDレコーダー2台とホームサーバ「シャープ ガリレオ」を使用しており、2台はルータで切り替えている。HDDレコーダー「ソニー コクーン」は購入当時、唯一『スカパー!』の録画予約機能があったことから選択。リビングで使用している。書斎兼寝室にはHDD内蔵DVDレコーダー「ソニー PSX」がある。「ソニー PSX」は反応速度が速く、リモコンだけで操作可能なことから購入した。
 「ソニー コクーン」は「キーワード録画」などを使って適当に番組を録りためておき、面白そうなものがあれば見て、また上書き録画をする。『スカパー!』の番組を中心に、約一週間分は常に録りためられている。「シャープ ガリレオ」は地上波の番組を予約録画するために使っている。

【PC】
 デスクトップPC1台と、ノートブック2台使用している。書斎兼寝室にあるデスクトップPCは、HDD内蔵DVDレコーダー「ソニー PSX」の、ファームウェアアップデート用に使っている。

【ホームネットワーク】
 PCネットワークは無線LANを採用している。リビングでノートPCを使うためである。

図C-3.Cさん宅主要機器のネットワーク状況
fig02


Dさん:コクーン(ソニー製)の使い手として、機器の容量一杯録りだめたもの全てを土日にチェック
【プロフィール】
図D-1.家族構成
家族構成
 26歳、男性。独身。○○県の一戸建てに親と同居。製造業の事務職。

【コンテンツ視聴】
図D-2.使用機器とAVライフスタイル
使用機器とAVライフスタイル
 地上波のみ。バラエティ番組やドラマ、情報番組などをキーワード指定で週に10~15タイトルくらい録画し、まとめて土日に視聴している。役に立ちそうな番組や残しておきたい番組はHDDに保存しておき、不要なものは消している。

【テレビモニター】
 1Fのリビングでは、親と一緒に「プラズマテレビ ソニー ベガ」を見ている。メインは2Fの自室で、20インチのブラウン管テレビを使っている。

【レコーダー】
 アンテナ線を「ソニー コクーン」に接続。さらにS-VHSレコーダー「ビクター HR-VXG1」に接続している。それまで録画に使っていたVHSが100本以上になり、場所を取るようになったことや、気に入った映像だけ保存でき、巻き戻しや早送りが必要なく、検索も楽なことから「ソニー コクーン」を購入した。購入とともに、それまでのVHSテープはCMをカットしてHDDに保存している。

【PC】
 デスクトップPC1台と、ノートブック2台を使用している。

【ホームネットワーク】
 PCネットワークは無線LANを採用している。1Fのモデムと無線LANアクセスポイントが接続されており、デスクトップPCはイーサネットで接続。2Fのノートブックは無線LANを使用している。


図D-3 主要機器のネットワーク状況
fig02


Eさん:1階から3階までの各階に独立したAV空間を構築し、ご夫婦で目的に応じ使い分け
【プロフィール】
図E-1.家族構成
家族構成
 35歳、女性。既婚、子供はいない。○○県の一戸建てに住む。事務職。毎週末には映画館に通うほどの映画好き。
 Eさんの自宅は、1Fから3F(小屋裏)までそれぞれ独立したAV空間になっている。近々3Fをホームシアターに改装予定。

【コンテンツ視聴】
図E-2.使用機器とAVライフスタイル
使用機器とAVライフスタイル
 平日はオンタイムのニュースやサスペンスドラマを約3時間、休日は地上波、DVD、ゲームなど約5~6時間視聴する。
 ご主人の視聴は休日に集中している。『スカパー!』ベーシックパックALLに加入しており、スポーツ、映画、ドキュメンタリー、クラシックコンサートなど、3FのAV空間で録りためておいた番組を時間の許す限り視聴する。大半が2時間番組なので、半分は見ることなく消している。

【テレビモニター】
 1Fのキッチン兼リビングには、「シャープ アクオス 20インチ LC-20C7-S」があり、DVD再生とゲーム用に「ソニー PS2」が接続されている。「シャープ アクオス」は、画面がきれいなことからどうしても購入したかったもの。
 2Fの書斎では、14インチのデジタルブラウン管テレビ「松下電器 TH14ZV2」にPS1が接続されており、ゲーム専用になっている。
 3FのAV空間には、「ソニー プラズマベガ 42インチ KDE-P42HX2N」(BSチューナー内蔵)が置かれている。

【レコーダー】
 1F、2Fでは映像はコンポジット、音声はアナログを使用。1Fにはレコーダーがないため、録画は2Fの寝室にある「ソニー VAIO」で行っている。
 3Fでは映像はデジタル、音声は光を使用。このAV空間には、昨年購入したHDD内蔵DVDレコーダー「東芝 RD-Style RD-X4」がある。

【PC】
 デスクトップPC1台と、ノートブック1台を使用している。書斎にノートブック「東芝 ダイナブック V5410」、寝室にはデスクトップPC「ソニー VAIO W101」がある。VAIOは録画機能つきテレビとしての使用が中心で、録画した番組はHDDに保存している。音楽のダウンロードやDVDを焼くためにも使われている。

【ホームネットワーク】
 PCのホームネットワークは、無線LANを使用している。光ファイバ回線は2F書斎のルータに接続されており、デスクトップPCとノートブックはイーサネットで接続している。

図10.Eさん宅主要機器のネットワーク状況
fig02



 本論文執筆は、当社代表松田久一による貴重な助言や協力のもとに行われました。ここに謝意を表します。

(2005.6)
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.