半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年07月11日

戦略200+・企業活動分析
株式会社LIXILグループ
18年3月期は当期利益で過去最高を達成、事業利益は計画未達も
2018年3月期決算の総括

LIXILグループの2018年度3月期の連結決算は、売上収益1兆6,648億円(前年同期比1.9%増)、事業利益753億円(同16.1%減)と増収減益であった。売上収益に関しては、前年度の子会社売却を要因とした売上減少の影響にも関わらず、積極的なマーケティング活動を通じて商品の差別化や商品シナジー、新規事業が売上に寄与し着実に成長することができた。事業利益に関しては、ハウジングテクノロジー事業の外部環境に大きく左右される事業構造への対応の遅れ、ウォーターテクノロジー事業の中東・南アフリカでの経済不振の影響、物流費の急増、人件費・マーケティング・IT費用等の販管費増加などにより計画未達かつ減益となった。一方、当期純利益に関しては、事業ポートフォリオの整理と簡素化が進んだことで、バランスシートの改善とコア事業への注力が可能になり2年連続で過去最高の当期利益を達成することができた。推進中の中期経営計画では、2018~2020年の3年間を「利益率の向上」に注力する期間と位置付けている。2018年度も、基本戦略であるデザイン、テクノロジー、品質、ブランド力による差別化を進め、水回り事業ではシナジーの最大化に向けて商品ラインナップをさらに拡充、ハウジング事業ではエンドユーザー目線のアプローチの強化に注力する。

企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

リード続ける「お~いお茶」、激化する2位争い 猛暑で注目の麦茶は?
リード続ける「お~いお茶」、激化する2位争い 猛暑で注目の麦茶は?

2021年の茶系飲料の生産量は、前年のマイナスから一転、3.5%増となった。今回の調査では、「お~いお茶」が複数項目で首位を獲得。一方、2位争いはし烈で、「伊右衛門」「綾鷹」「生茶」が順位を入れ替えながら接戦を繰り広げている。巣ごもりに対応した、大容量やラベルレスの商品も好調で、市場は再び成長軌道に乗りつつある。

強い「コカ・コーラ」、再購入意向の高い炭酸水
強い「コカ・コーラ」、再購入意向の高い炭酸水

2021年の清涼飲料水の生産量は3年ぶりに増加、炭酸飲料も生産量で前年比101.9%、生産者販売金額は同104.9%で、販売金額は飲料全体を上回った。今回の調査結果を見ると、再購入意向以外の6項目で「コカ・コーラ(コカ・コーラシステム)」が首位を独走、再購入意向では、コロナ禍で増えた「家飲み」の割り材や、「コロナ太り」解消ニーズをつかんだ炭酸水やフレーバー炭酸が上位に食い込んだ。

半径200m圏内で全て完結!「流山おおたかの森」は多彩な小売業ひしめく次世代ニュータウン
半径200m圏内で全て完結!「流山おおたかの森」は多彩な小売業ひしめく次世代ニュータウン

今回は、成長著しい郊外ニュータウン「流山おおたかの森」を取り上げます。注目ポイントは、従来のニュータウンと異なる、商業施設を核とした街づくりです。駅を起点に低~高価格帯まで様々な業態が並び、半径200m圏内で生活が完結できます。また、保育園の待機児童ゼロなど、子育てと街づくりがセットになっていることも大きな特徴です。おおたかの森は、21世紀型ニュータウンのロールモデルといえるでしょう。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.