日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.9
III.アクトビラのコンテンツ開放戦略
   -プラットフォームによるモデル分析

 本稿では、TV向けのインターネット接続ポータルサービスであるアクトビラ**を例に、コンテンツ開放戦略とその効果について、産業組織論で用いられるプラットフォーム・モデルによって分析を行う。
 アクトビラのコンテンツをPC上である程度見られるようにすると、アクトビラ向けコンテンツの提供者が増加し、ユーザにとっての魅力が高まる。その結果、アクトビラのユーザ数が増加し、ネット上のコンテンツを楽しむゲートウェイのひとつとしてのTVの地位を確保できる。この戦略は、アクトビラ向けのコンテンツ数が少なく、PCのユーザ数が多い場合に特に有効である。
 コンテンツをPCに開放することには、ふたつの効果がある。ひとつは、コンテンツ提供者にとってアクトビラのプラットフォームの魅力が高まり、アクトビラ向けコンテンツが増加することである。もうひとつは、ユーザにとってPCのプラットフォームの魅力が高まり、アクトビラのユーザ数が増加または減少することである。後者については、アクトビラ・PC両プラットフォームの代替性が強いほど減少の効果が強くなる。しかし現実には、個室のPCとリビングのTVとの間の代替性は必ずしも高くなく、むしろ補完的であるとも考えられる。また仮に代替的であるとしても、アクトビラのコンテンツ数が相対的に少ないか、PCのユーザ数が相対的に多い状況では、開放戦略は有効となることが示される。
 最適な互換性の程度は状況によって異なり、完全互換が最適戦略であるとは限らない。しかしアクトビラ向けコンテンツをすべてPCで見られるようになったとしても、画質や視聴の快適さ等の点で、TVで得られるのと同等の満足をPCで得ることは難しい。したがって現在の状況では、なるべく多くのコンテンツをPCでも見られるようにすることが、アクトビラのユーザ数増加に寄与すると考えられる。
(2008.06)


消費経済レビューの本文をご覧になるには、プレミアム会員にご入会下さい。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.