日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
断捨離(だんしゃり)




 断捨離とは、不要なモノなどの数を減らし、日常生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のことです。もっと簡単にいうと「整理整頓」をする際の片づけ術のことです。2010年に流行語(ユーキャン新語・流行語大賞の候補語60語)に選ばれ、多くの関連書籍が発刊されました。特に有名なのは、やましたひでこさんの『新・片づけ術「断捨離」』でしょう。

 もともとはヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用しており。それぞれの単漢字が意味と持っています。「断=入ってくる要らない物を断つ」「捨=身のまわりにずっとある要らない物を捨てる」「離=物への執着から離れる」ということです。その本質は、ふだん義務感を伴って漠然と行っている「そうじ」や「片づけ」を精神的なものつ結び付けて再定義して、自分の心や運気まで磨いて、生活を豊かなものへと昇華させるものです。

 こうした言葉が流行した背景には、社会問題にもなった「ゴミ屋敷」など「片づけられない人びと」が報道されたこともあろうかと思われます。ゴミ屋敷は極端な例としても、日本にある伝統的な「もったいない」という観念や考え方が行きすぎると、家や部屋など身の回りにどんどんモノが増えていき、自分の住む空間だけでなく、健康や精神まで圧迫すると言う悪循環に陥ってしまいます。

 「もったいない」は「MOTTAINAI」という世界共通の言葉として世界的にも知られるところになりました。しかし、あまりに凝り固まってしまった部分をヨガの考えによって「解きほぐす」こと。その適度なバランスが快適な生活や人生へとつながることを説いているのが「断捨離」という対処法と言えるでしょう。



おすすめ新着記事

「キレイキレイ」「ビオレu」が上位独占 ハンドソープの消費者調査ランキング
「キレイキレイ」「ビオレu」が上位独占 ハンドソープの消費者調査ランキング

コロナ感染拡大で一躍脚光を浴びたハンドソープだが、市場自体は7年連続拡大とアップトレンドが続いている。2019年の販売数量は9.7%増の100,240トン、2013年に比べ約2倍に伸長した。生活必需品として一気に注目を増したハンドソープは、新しい生活様式の定着とともに、今後も成長が見込まれる。

マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料
マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料

今年上期の清涼飲料市場は、外出自粛などの影響を受け前年比10%程度のマイナスとなった。6月以降は回復の兆しがみられ、特に8月は東京都心の猛暑日が1875年の統計開始以来最多を記録するなど、マスク着用とあいまって例年以上に熱中症リスクが増加。メーカー各社も熱中症対策の周知に注力している。(2020.09.16)

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.