日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
KDDI株式会社(2016年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
KDDIの2016年3月期決算の総括と戦略計画

 KDDIの2016年3月期の連結決算は、売上高4兆4,661億円(前年比4.6%増)、営業利益8,334億円(同25.2%増)の増収増益であった。2016年4月から施行された総務省による「スマートフォン端末購入補助の適正化に関するガイドライン」によって携帯販売の規制が強化された。そのような中でKDDIは「マルチユース」「マルチネットワーク」「マルチデバイス」の頭文字からなる「3M戦略」の推進と、マルチデバイスの収入を反映した「ARPA(Average Revenue Per Account) ×ID(お客様)」の最大化を図ってきた。その結果、販売手数料や減価償却費の増加があったものの、ARPAや固定通信料収入が増加し増収増益となり、営業利益の「3期連続2桁成長」を達成した。今後は新中期目標(2017年度3月期~2019年3月期)に基づき、「3M戦略」の推進と「au WALLET」などを用いたau経済圏の拡大を図り、2017年3月期売上高4兆7,000億円、営業利益8,850億円を目指す。

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.