日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ライセンスブランドやオリジナルブランドを数多く持っており、個別のブランド認知に加えて、企業イメージの訴求をより重視していきたいと考えています。どのように合理的に統合して消費者にアプローチしていけば良いのでしょうか?(アパレルメーカー、30歳)




 企業イメージと個別ブランドのすみわけ、またはコントロールについては、教科書的に コレという解答があるわけではありません。
業界や企業個別の事情によって大きく左右されますので一概にはいえません。
 とはいえ一般論としていうと、
  • 日本の多くの消費財メーカーでは、企業名を企業全体への信頼と好意の獲得のために企業名ブランドの形にして、その下に個別ブランドがある
というように企業名を重視して広告宣伝や商品パッケージに企業名を表示してきています。

 しかしライセンスブランドを多く持ち、個別ブランドの認知が企業名よりもすすんでいる場合は企業イメージと個別ブランドとの整合性や統合をはかるというよりも、企業イメージを大きなフィールドとして捉え創造していくべき企業イメージが何なのか、企業イメージの役割をどう考えるのかを、個別イメージとは次元の違う、抽象の水準をより上のものとして、明確にする必要があります。

 そして、個別ブランドに何ら制約を与えるものではないと位置付けよい企業イメージを形成していくためのメッセージ開発と発信と、個別ブランドとは組織も分けて、すみわけして推進していくということになります。

 しかし、企業イメージを商品を通じて伝えていく、とすると、御社のオリジナルブランドの中で、中核とするブランドを明確にし、中核ブランドの広告宣伝ウェイトを上げ、同じ部門または共同プロジェクトの形でメッセージを開発し資源配分を重点化して推進していく必要があります。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.