半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2007.6)
首都圏の人気スポット
 新丸ビル、ミッドタウン─新規オープンスポットは定番に食い込めるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 2006年から2007年にかけて、東京都心を中心とした首都圏では、表参道ヒルズ(2006.02.11)、アーバンドック ららぽーと豊洲(以下ららぽーと豊洲)(2006.10.05)、東京ミッドタウン(2007.03.30)、新丸ビル(2007.04.27)などオフィス、商業施設、住宅などを含む大型の複合ビルのオープンが続き、新しい人気スポットとなっています。オープン時のにぎわいは、テレビや雑誌でも紹介され、ご記憶の方もいらっしゃるでしょう。
 今回は、首都圏のファッションビル、複合ビルの中から、当社が任意に選んだ20のスポットについて首都圏在住のネットユーザーに対してアンケートを行った結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、六本木ヒルズ、横浜みなとみらい21(以下みなとみらい)、タカシマヤタイムズスクエアなど、定番の人気スポットが根強い人気をみせつけた。
 2003年4月オープンの六本木ヒルズは、「知っている人気スポット」で1位、「3ヶ月以内に行った」「3ヶ月以内に話題にした」「今後も行きたい」で3位。オープンから4年たっているが、まだまだ話題性の高いホットなスポットといえる。中核ビルのランドマークタワーのオープンが1993年のみなとみらいは、前回(2004年7月)のランキング情報に引き続き、「もっとも好き」「今後(も)行きたい」でトップとなった。また、タカシマヤタイムズスクエアは、同じく「もっとも好き」「今後(も)行きたい」が2位。ともに、根強い固定ファンをもつ人気スポットといえるだろう。

 一方で、2006年から今年にかけてオープンした人気スポットは、「3ヶ月以内に話題にした」で新丸ビルが33.0%でトップ、東京ミッドタウンが28.6%で2位、表参道ヒルズが6位、ららぽーと豊洲が7位と話題性は高い。
 しかし、「今後(も)行きたい」では、新丸ビルが25.9%で8位、東京ミッドタウンが9位、表参道ヒルズが12位、ららぽーと豊洲が15位と、必ずしも話題性が来訪意向と結び付いていない。2003年5月のランキングで、オープン後約1ヶ月の六本木ヒルズが「知っている」「今後(も)行きたい」でトップだったのに比べると、ブーム性は弱いといえる。
 ただし、「行ったことがある人ベースの今後の来訪意向」では新丸ビルが65.0%で1位、東京ミッドタウンが63.3%で2位、ららぽーと豊洲が60.2%で3位と新規オープンの人気スポットが上位を独占、訪問者の満足度は高い。

 六本木ヒルズが嚆矢となった複合ビルの人気スポット化だが、その後の相次ぐ複合ビルオープンなどで、新規オープンのインパクトは弱くなっていると考えられる。乱立気味の人気スポット同士での話題性や顧客の奪い合いも激化している。
 新丸ビルや東京ミッドタウンなどの新規オープンのスポットが、来訪者の高い満足度を武器に、人気スポットとしてどこまで定番に食い込んでいけるかが注目される。



【提示20スポット】
  • 丸ビル(丸の内)
  • 新丸ビル(丸の内)
  • 丸の内オアゾ(丸の内)
  • 汐留シオサイト(汐留)
  • アクアシティお台場(お台場)
  • パレットタウン(お台場)
  • デックス東京ビーチ(お台場)
  • 天王洲アイル(天王洲)
  • アーバンドック ららぽーと豊洲(豊洲)
  • 六本木ヒルズ(六本木)
  • 東京ミッドタウン(六本木)
  • 恵比寿ガーデンプレイス(恵比寿)
  • Bunkamura(渋谷)
  • 渋谷マークシティ(渋谷)
  • 表参道ヒルズ(表参道)
  • タカシマヤタイムズスクエア(新宿)
  • サンシャインシティ(池袋)
  • 横浜みなとみらい21(横浜)
  • ららぽーとTOKYO-BAY(船橋)
  • イクスピアリ(舞浜)

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年5月17日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)
        在住の男女個人
有効回収サンプル数:640サンプル


 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area