日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

企画に使えるデータ・事実【トレンド】
ファーストフードのビッグサイズ商品[1]  
「メガマック」のインパクト  
 2007年のファーストフードのトピックスといえば、「メガマック(マクドナルド)」「レッドホットキング(ケンタッキーフライドチキン)」など、ビッグサイズ商品のヒットといえるだろう。もともとは、全て期間限定で発売されたビッグサイズ商品だが、好評を得たため、「メガマック」は、4月、5月、7月に再発売された。下図は、そのビッグサイズ商品についての接触状況をみたものである。
 ビッグサイズ商品の発売を知っている人は、全体で97%と極めて高い。なかでも、「メガマック」は、いずれかの商品を知っている人ベースでの認知率が98.0%と群を抜いている。
 また、「メガマック」は42.1%の人が話題にし、33.2%が実際に食べたと答えている。メガマックの好評を受け、「メガブラザーズ」として発売された「メガてりやき」も31.0%が話題にし、25.0%が食べている。
 「メガマック」「メガてりやき」などの商品は、ユーザーに強いインパクトを持って受け入れられたことがみてとれる。



すぐに使えるデータのダウンロード(有料会員専用)


【調査設計】

調査手法 インターネット上での自記式質問紙調査
調査対象 全国男女個人
(当社インターネットモニター)
調査時期 2007年8月
回収数 635サンプル
サンプル構成(%)
* データダウンロードについて
  • ダウンロードのご利用には、メンバーシップサービス(有料)へのご入会が必要です。
    メンバーシップサービスについては、こちらをご覧下さい。
  • ダウンロード用のデータは、Microsoft PowerPoint 2000およびMicrosoft Exel2000をzip形式で圧縮したものです。ローカルディスクなどにダウンロードした後、解凍してご利用ください。
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.