日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
フランチャイズチェーン・ボランタリーチェーン




1.フランチャイズチェーン・ボランタリーチェーンとは
 フランチャイズチェーン(FC)とは、本部企業(フランチャイザー)による運営の計画、指導、管理のもと、契約を結んだ加盟店(フランチャイジー)が商標や商品・サービス、経営のノウハウを受け、販売活動を行う事業形態です。主なFCとしては、セブンイレブンやローソンなどのコンビニエンスストア、モスバーガーや牛角などの外食産業などが挙げられます。
 ボランタリーチェーン(VC)とは、商品の共同仕入れを目的として、小売業者や卸売業者が組織化した事業形態です。多くの場合、プライベートブランドを展開しています。主なVCとしては、全日食チェーン、シジシージャパンなどが挙げられます。

2.FCとVCの共通点と相違点
 FCとVCは、ともに事業運営を行う本部と販売を行う加盟店から成り立ち、その相互協力によるネットワーク型の販売システムと言えます。ともに加盟店は資本的に独立しており、個々の加盟店の販売規模は小さくても、本部で仕入れを大量に行うので、「規模の経済性」(事業拡大に伴うコストの低下)が実現できるというメリットがあります。本部に戦略立案・管理機能が集中化されており、各々の加盟店は、本部の強力な指導のもとに置かれています。
 両者の大きな違いはその組織構成の仕組みにあります。FCにおいては、まず本部企業が存在し、本部と加盟店の関係は一対一の契約で成立しているため、加盟店同士の横のつながりはありません。対して、VCの場合は、加盟店同士がチェーンオペレーションのメリットを得るために自主的に組織化しているので、横のつながりがあります。中小小売業が、個々の独立性を保ちながらも戦略的に連帯した事業形態が、VCといえるでしょう。
 このように、双方ともチェーンオペレーションを採用しながらも、FCは本部である事業者が新店舗を増やすことで事業拡大を図っていくのに対し、VCは既存店同士が結びつくことによって事業の効率化を図るというように、その成り立ちは異なっています。

3.FCとVCの成功のポイント
 FC、VCともに、本部と加盟店が相互協力を維持、強化することが成功のポイントとなります。そのための条件としては、以下のものがあげられます。
 FC成功のポイント
  1. 相互に尊重し、コミュニケーションをよくする
  2. 加盟店の経済的有効性を保証し続ける
  3. 本部は経営ノウハウを提供し続ける
  4. 経営ノウハウを加盟店に伝えるための伝え方ノウハウを確立する
  5. 加盟店は本部に頼りきらない
 VC成功のポイント
  1. 主催者が強力なリーダーシップ体制を確立する
  2. 加盟店の規模をできるだけ統一する
  3. 加盟店相互が競合しないようテリトリー分割を行う



おすすめ新着記事

消費者調査データ 飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2018年4月版)<br>強いロングセラー、固定ファンつかむ機能訴求型商品
消費者調査データ 飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2018年4月版)
強いロングセラー、固定ファンつかむ機能訴求型商品

花粉症への効果が報じられたことも記憶に新しいヨーグルト。今回の調査では、ロングセラーブランドが多くの項目で上位を独占した一方、ロイヤリティの指標である再購入意向では機能性を訴求した商品や特保が上位にランクインしている。

消費者調査データ  ヨーグルト(2018年4月版) リピート意向が高い機能訴求ヨーグルト
消費者調査データ ヨーグルト(2018年4月版) リピート意向が高い機能訴求ヨーグルト

インフルエンザに花粉症など、乳酸菌の効果が報じられ一時大きく伸びたヨーグルト市場。沈静化した現在も各社から様々な機能を訴求した商品が登場している。今回の調査でも、明治「LB81」や「R-1」、森永「ビヒダス」といった、整腸作用や免疫機能の活性化などを訴求した商品が上位にランクインした。

MNEXT 眼のつけどころ 10年で変わった日本人の性格-「様子うかがい」型から「着実無欲」型へ
MNEXT 眼のつけどころ 10年で変わった日本人の性格-「様子うかがい」型から「着実無欲」型へ

「データでわかる 辛口性格診断」を10年ぶりにリニューアルした。その過程で分かったのが、日本人の性格がこの10年で変化、同質化が進んでいるということだ。今、日本人の性格は五つの類型でその5割を捉えることができる。ここに、マーケティングへの三つの示唆がある。






マーケティング用語集

データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.