半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.257
スマートフォン・タブレット(2017年10月版)
iPhoneの強さは変わらずも、新製品「iPhone 8」は様子見か、伸び悩みか


本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料で会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 スマートフォンの販売台数は2010年~2012年にかけて爆発的に拡大しましたが、2013年以降は前年並みで推移しています。

 今回は、当社が任意に選んだスマートフォン、タブレットのブランドについて、「知っている(認知率)」、最近3ヶ月以内に「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内にネットやカタログで見た、調べた」、「現在使っている(現在使用)」、さらに「今後(も)使いたいと思う(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。なお、iPhone、Xperiaの再購入意向のベースについては、ブランド全体の利用経験者をベースとして採用した。

 今回の調査では、認知と広告接触では「iPhone 7(アップル)」が、購入経験と現在使用では「その他の(iPhone 6以前の)iPhone」が、カタログ接触と今後の意向では、今年9月に発売されたばかりの「iPhone 8/iPhone 8 Plus」が首位。再購入意向でも、「iPhone」ユーザーが次も「iPhone」を購入したいという割合は、83.5%にも及び、2位の「Xperia(ソニー)」の71.2%や、3位の「AQUOS(シャープ)の57.1%を大きくしのぐ。国内で最大シェアを誇る「iPhone」ブランドの独走状態となった。

 アップルは9月13日に、「iPhone 8/iPhone 8 Plus」ならびに「iPhone X」を発表した。本調査は9月15日から行ったが、「iPhone」ユーザーでもっとも利用意向が高いのは「iPhone 7/iPhone 7 Plus」で、「iPhone 8/iPhone 8 Plus」を4ポイント上回っている。ハイエンド機種で11月3日発売予定の「iPhone X」に対しては、再購入意向は8.5ポイント差をつけている。「iPhone」ブランドそのものへのロイヤリティは高いが、7以前に比べれば、「iPhone 8/iPhone 8 Plus」や「iPhone X」は落ち着いている(参考:消費者調査No.160 iPhone 5対決!(2012年)」。また、年代別にみると、「iPhone」、特に「iPhone X」の再購入意向が高いのは50代男性で、30代で高い「Xperia」とは対照的だ(参照:詳細データ)。

 日本は、世界的に見ても「iPhone」のシェアが高い国ではあるが、今回の「iPhone 8/iPhone 8 Plus」への関心はさほどではない。初週の発売データも、「iPhone 7/iPhone 7 Plus」の3割減とみられており、来月の「iPhone X」の発売も、12万を超える高い価格設定とあいまって、不透明感はぬぐえない。国内のメーカー各社もこの冬の新機種を発表しており、来月に向けてスマートフォン市場への注目は高まる一方だ。

本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(無料・有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。









【提示29ブランド】
  • iPhone 8/iPhone8
  • iPhone X
  • iPhone 7/iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s/iPhone 6s Plus
  • その他のiPhone
  • XperiaXシリーズ
  • XperiaZシリーズ
  • その他のXperia
  • AQUOSシリーズ(シャープ)
  • arrowsシリーズ(富士通)
  • Galaxyシリーズ(サムスン)
  • DIGNOシリーズ(京セラ)
  • らくらくホン/URBANO/シンプルスマホ
  • iPadシリーズ(Apple)
  • MedeiaPadシリーズ(Huawei)
  • AsusZenPadシリーズ(ASUS)
  • TransBookMini(ASUS)
  • ideapadMIIX(レノボ)
  • LenovoTabシリーズ(レノボ)
  • YOGATab(レノボ)
  • LAVIETab(NEC)
  • Kindleシリーズ(Amazon)
  • MicrosoftSurface
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年9月15日~20日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:984サンプル
サンプル構成(%)


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.04.17

24年3月の「景気の先行き判断」は5ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.04.16

24年2月の「家計収入」は17ヶ月連続のマイナス

2024.04.16

24年2月の「消費支出」は12ヶ月連続のマイナス

2024.04.15

企業活動分析 明治HD 23年3月期決算は原材料やエネルギーコスト上昇を背景に増収減益

2024.04.15

マーケティング用語集 ディマンドプルインフレ・コストプッシュインフレ

週間アクセスランキング

1位 2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2013.03.22

MNEXT ビックカメラによるコジマの買収はメーカーを巻き込んだ衰退業界再編の始まり

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area