半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.03)
消費者調査 No93.低アルコール飲料(2010年3月版)
低アルコール飲料として注目されるチューハイ・カクテル市場
健康志向と価格志向製品が伸びしろあり
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 若者のアルコール離れに代表されるように、消費者の飲酒頻度低下に歯止めがかからない状況です。健康志向の高まりや、道路交通法改正による飲酒運転の厳罰化に加え、高速道路料金値引きによる車での外出増加が追い打ちをかけています。そうした中、市場拡大が期待されるのが、低アルコール飲料やノンアルコールタイプの飲料です。
 今回は、市場拡大が続く低アルコール市場について、当社が任意に選んだ29ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」のトップは、キリンビールの「氷結」が獲得し、2007年夏調査と同じ結果となった(No.67 低アルコール飲料(2007年版夏))。「氷結」がロングセラーブランドの地位を築いていることが伺えた。
 購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」は、8ポイント以内に10ブランドが入る混戦となった。その中で、ベスト3は認知率、購入経験率共にトップ5にも登場しなかった、サントリーの「カクテルカロリ。」、「トップバリュ チューハイ」、アサヒビールの「Slat」の順となった。
 サントリーの「カクテルカロリ。」、アサヒビールの「Slat」は、共にカロリーオフということを訴求しており、近年の健康志向のニーズにマッチした製品ということが再購入意向の高さに繋がったものと思われる。
 一方、プライベートブランドである「トップバリュ チューハイ」が、再購入意向で2位にランクインした。「トップバリュ チューハイ」は、350ml缶で税込98円と、サントリーの「カクテルカロリ。」やアサヒビールの「Slat」が350ml缶で税込148円に対して、低価格を実現している。
 結果として、近年の志向トレンドである「健康志向」「低価格志向」を捉えた製品が、高い評価を得た。

 低アルコール飲料市場は、1990年代からほぼ一貫して拡大を続けている。2007年には国税庁がメーカーに販促奨励金を減らして安売りを是正するよう指導し、店頭価格が上昇した影響で減少したが、その後は再び増加に転じている。
 低アルコール飲料市場のなかで、販売数がもっとも大きいのは缶チューハイだが、近年の傾向はレモンやグレープフルーツなど定番以外のフレーバーの拡充で、特にぶどう、ももなど甘味のあるフレーバーの増加が目立つ。消費者もブランドよりもフレーバーを重視する傾向があるとも言われており、いかに固定ファンを獲得し維持していくかが課題である。今回の「カロリ。」「Slat」などに代表される健康志向や、低価格を訴求した「トップバリュ チューハイ」 などのアプローチが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示29ブランド】
  • サントリー スーパーチューハイ(スパチュー)
  • サントリー -(マイナス)196℃シリーズ
  • サントリー カロリ。シリーズ
  • サントリー カクテルカロリ。
  • サントリー 烏龍チューハイ
  • サントリー 銀座カクテル
  • サントリー ほろよい
  • サントリー ハイボール
  • 永昌源 杏露酒(サンザシ酒・ライチ酒等含む)
  • キリン 氷結シリーズ
  • キリン TWO DOGS カクテル
  • キリン 本搾りチューハイ
  • キリン 世界のハイボールシリーズ
  • アサヒ 旬果搾りシリーズ
  • アサヒ ハイリキ
  • アサヒ Slat (すらっと)
  • アサヒ カクテルパートナー
  • タカラ canチューハイ 直搾り
  • タカラ canチューハイ レモン
  • タカラ canチューハイ 焼酎ハイボール
  • チョーヤ ウメッシュシリーズ
  • チョーヤ さらりとした梅酒(微炭酸)
  • カルピス カルピスサワー
  • スミノフアイス(スミノフアイス等)
  • ZIMA(ジーマ)
  • トップバリュ チューハイ
  • くらしモア チューハイ
  • Great Value チューハイ
  • セブンプレミアム チューハイ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年2月24日~2月26日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

2024.05.16

24年2月の「現金給与総額」は26ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.05.16

24年3月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は改善

2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2024.05.14

24年3月の「新設住宅着工戸数」は10ヶ月連続マイナスに

2024.05.08

企業活動分析 マルハニチロの23年3月期は、売上高初の1兆円超えで増収増益に

2024.05.13

企業活動分析 伊藤ハム米久HDの23年3月期は価格改定で増収もコスト増響き減益に

週間アクセスランキング

1位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

4位 2024.05.08

企業活動分析 ニッスイの23年3月期は売上高過去最高も原材料高や円安で減益に

5位 2009.06.26

【マーケティングFAQ】「需要の価格弾力性」とは

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area