半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.09)
消費者調査 No.233
ミネラルウォーター(2016年9月版)
サントリー天然水とい・ろ・は・すのデッドヒート


 2015年のミネラルウォーター市場は、数量ベースで3年連続のプラスとなり、過去最高を記録しました(日本ミネラルウォーター協会)。

 今回は、当社が任意に選んだミネラルウォーター25ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って飲んだことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)」での接触状況(3ヶ月内店頭接触)、「3ヶ月以内に買って飲んだ」(3ヶ月以内購入)、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、前回(2016年1月版)と同様、「サントリー天然水(サントリー)」と「い・ろ・は・す(日本コカ・コーラ)」が激しい首位争いを繰り広げる結果となった。「サントリー天然水」と「い・ろ・は・す」は、店頭接触、購入経験、3ヶ月内購入では1ポイント以内、今後の購入意向では3ポイント以内という僅差で、再購入意向、広告接触でも5ポイント以内の小差で、再購入意向以外の項目では、3位以下を大きく引き離している。

 3位以下の顔ぶれをみると、「エビアン」「ボルヴィック」といった輸入ブランドや、「アサヒおいしい水(アサヒ飲料)」、「キリン アルカリイオンの水(キリンビバレッジ)」、「森の水だより(日本コカ・コーラ)」などが続いている。ブランド間の差は小さく、3位グループ内でも厳しい競争となっている。

 ミネラルウォーター市場は、全体として伸びているが(シリーズ 成長市場を探せ「ミネラルウォーター」参照)、その中でも特に、フレーバーウォーターといわれる、果実などの風味を加えた製品の伸びが著しい。上位ブランドでも、「サントリー天然水」は、オレンジ、グレープ、はちみつレモン、大ヒットとなったヨーグリーナのフレーバーに加え、9月中旬に、JTから昨年取得したブランド「桃の天然水」を、セブン&アイグループ限定で発売する。「い・ろ・は・す」も、みかん、もも、レモン炭酸、サイダーなどのフレーバーを揃えている。非常用のストックや、夏場の止渇、といった位置づけから、健康志向などを背景にした通年型の商品に成長していくミネラルウォーター市場では、清涼飲料よりの展開が市場拡大に寄与していることがわかる。


 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示25ブランド】
  • サントリー天然水(サントリー)
  • アサヒおいしい水(アサヒ飲料)
  • ボルヴィック(キリンビバレッジ)
  • キリン アルカリイオンの水(キリンビバレッジ)
  • 富士山麓のおいしい天然水(ポッカサッポロ)
  • バナジウムウォーター(ポッカサッポロ)
  • 森の水だより(日本コカ・コーラ)
  • い・ろ・は・す(日本コカ・コーラ)
  • フロムアクア(JR東日本)
  • 磨かれて、澄みきった日本の水(伊藤園)
  • 天然アルカリ温泉水財宝(財宝)
  • 日田天領水
  • ゲロルシュタイナー
  • ヴィッテル
  • エビアン
  • コントレックス
  • ペリエ
  • クリスタルガイザー
  • サンペレグリノ
  • ボルセック
  • フィジーウォーター
  • セブンプレミアム天然水(セブン&アイ)
  • ファミマの天然水(ファミリーマート)
  • ナチュラルウォーター(ローソン)
  • トップバリュベビーナチュラルミネラルウォーター(イオン)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年8月19日~23日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,025サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.19

企業活動分析 ライオン株式会社(2023年12月期) 増収も土地譲渡益の反動等で減益に

2024.07.19

企業活動分析 ユニリーバ(Unilever)(2023年12月期) 減収減益、事業部門の業績格差受け、新成長戦略を修正へ

2024.07.19

24年6月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.18

24年6月の「景気の現状判断」は4ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.17

MNEXT 円安は歓迎すべきかー過熱する円安論争

2024.07.16

企業活動分析 山崎製パン株式会社 23年12月期は大幅な増収増益で過去最高益に

2024.07.12

消費者調査データ スポーツドリンク・熱中症対策飲料(2024年7月版) 首位「ポカリスエット」、追い上げる「アクエリアス」

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

週間アクセスランキング

1位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

2位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

3位 2024.03.08

消費者調査データ カップめん(2024年3月版)独走「カップヌードル」、「どん兵衛」「赤いきつね/緑のたぬき」が2位争い

5位 2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area