半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.07)
消費者調査 No.100 レトルトカレー(2010年版)
生き残るレトルトカレーは??
カロリーオフとおいしいという消費者ニーズに満足するレトルトカレーは?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 1968年2月に、大塚食品が世界初の市販レトルト食品「ボンカレー」を阪神地区で限定発売して以来、今日に至るまで、レトルトカレーは日本人に広く親しまれてきた。近年では、インド風カレーや欧風カレーだけでなく、タイカレーやホワイトカレーなど、カレーの種類も増えている。その一方、30年、40年と売れ続けているレトルトカレーもあるが、ほとんどのレトルトカレーの寿命が短いのも特徴である。
 2009年のレトルトカレーの市場規模は前年より3.8%伸び、766億円を見込んでいる(鍋つゆ・レトルトカレー、内食回帰で市場拡大,2010/02/05, 日経産業新聞より)。
 今回は、市場拡大が続き、寿命が短いとも言われるレトルトカレーについて、当社が任意に選んだ24ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」のトップ3は、ハウス食品の「カリー屋カレー」、大塚食品の「ボンカレーゴールド21」、明治製菓の「銀座カリー」の順となった。また、「買ったことのある(購入経験率)」のトップ3は、ハウス食品の「カリー屋カレー」、大塚食品の「ボンカレーゴールド21」、ハウス食品の「カレーマルシェ」の順となった。
 しかし、「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」は、S&B食品の「100kcal」、中村屋の「インドカリー」、明治製菓の「銀座カリー ライト」となり、認知率及び購入経験率で上位に登場しなかった製品がランクインした。
 このうち、S&B食品の「100kcal」は2009年、明治製菓の「銀座カリー ライト」 は2010年発売の新商品で、8位の「まるごと野菜 なすとトマトのカレー(明治製菓)」、9位の「10種類の野菜と果実のブランチカリー(中村屋)」と、ベスト 10のうち4ブランドが新製品で、入替わりの激しい市場であることを裏付ける結 果となっている。
 近年、カレーでは「ホワイトカレー」「スープカレー」「朝カレー」などさま ざまな流行がみられ、レトルトカレーはそれらのトレンドを取り込む形で商品を 発売してきた。今回、再購入意向のベスト10に、S&B食品の「100kcal」、明治製菓の「銀座カリー ライト」などのカロリーオフを訴求した商品や、「10種類の野菜と果実のブランチカリー(中村屋)」、「まるごと野菜 なすとトマトのカレー(明治製菓)」など野菜を訴求した商品がランクインしたのもその一環といえるだろう。
 群雄割拠のレトルトカレー業界で、これらの商品が定着できるか、あるいはまた新たなトレンドに乗った商品にその地位を譲るのか、今後の動向が注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示24ブランド】
  • カリー屋カレー(ハウス食品)
  • カレーマルシェ(ハウス食品)
  • めざめるカラダ 朝カレー(ハウス食品)
  • マーボーカレー(ハウス食品)
  • 100kcal(S&B食品)
  • いつでもちょこっとカレーな気分(S&B食品)
  • ディナーカレー(S&B食品)
  • LEE(グリコ)
  • カレー職人(グリコ)
  • ちょい食べ カレー(グリコ)
  • 銀座カリー(明治製菓)
  • 銀座カリー ライト(明治製菓)
  • まるごと野菜 なすとトマトのカレー(明治製菓)
  • インドカリー(中村屋)
  • 10種類の野菜と果実のブランチカリー(中村屋)
  • ミニカリー(中村屋)
  • ボンカレーゴールド21(大塚食品)
  • ボンカレーネオ (大塚食品)
  • 北海道 ROYCE' 監修 カレー(日本水産)
  • A-Label(永谷園)
  • セブンプレミアムのレトルトカレー(セブンプレミアム)
  • トップバリュのレトルトカレー(トップバリュ)
  • バリューローソンのレトルトカレー(バリューローソン)
  • 100円ショップのレトルトカレー(ショップ99・ダイソーなど)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年5月19日~5月21日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,028サンプル
サンプル構成(%)

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.04.17

24年3月の「景気の先行き判断」は5ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.04.16

24年2月の「家計収入」は17ヶ月連続のマイナス

2024.04.16

24年2月の「消費支出」は12ヶ月連続のマイナス

2024.04.15

企業活動分析 明治HD 23年3月期決算は原材料やエネルギーコスト上昇を背景に増収減益

2024.04.15

マーケティング用語集 ディマンドプルインフレ・コストプッシュインフレ

週間アクセスランキング

1位 2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2013.03.22

MNEXT ビックカメラによるコジマの買収はメーカーを巻き込んだ衰退業界再編の始まり

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area